男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

少年は残酷な弓を射る

  • しょうねんはざんこくなゆみをいる
  • We Need to Talk About Kevin
  • We Need to Talk About Kevin
  • 平均評点

    72.3点(320人)

  • 観たひと

    519

  • 観たいひと

    102

  • レビューの数

    56

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2011
公開年月日 2012/6/30
上映時間 112分
製作会社 BBC Films=UK Film Council=Independent
配給 クロックワークス(提供 クロックワークス=東宝)
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) UK Film Council / BBC / Independent Film Productions 2010

解説

英国の女性作家ライオネル・シュライバーのベストセラーを「モーヴァン」のリン・ラムジー監督が映画化。母親に異常なまでの悪意と執着心を持つ息子と、彼に戸惑う母との関係を描く。出演は「ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島」のティルダ・スウィントン、「おとなのけんか」のジョン・C・ライリー、『アナザー・ハッピー・デイ』のエズラ・ミラー。

あらすじ

自由奔放に生きてきた作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)はキャリアの途中で、夫フランクリン(ジョン・C・ライリー)との間に子供を授かった。ケヴィンと名付けられたその息子は、なぜか幼い頃から、母親であるエヴァにだけ反抗を繰り返し、心を開こうとしない。やがて美しく、賢い、完璧な息子へと成長したケヴィン(エズラ・ミラー)であったが、母への反抗心は少しも治まることはなかった。そしてこの悪魔のような息子は、遂にエヴァの全てを破壊するような事件を起こす……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年8月下旬号

読む、映画:「少年は残酷な弓を射る」

2012年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「少年は残酷な弓を射る」

2012年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「少年は残酷な弓を射る」

キネ旬セレクト:「少年は残酷な弓を射る」