男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

傍 3月11日からの旅

  • かたわらさんがつじゅういちにちからのたび
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    78.0点(4人)

  • 観たひと

    10

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 社会派
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012/3/17
上映時間 115分
製作会社 いせフィルム(製作協力 ヒポ コミュニケーションズ=ハチプロダクション=一隅社)
配給 いせフィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ステレオ
上映フォーマット デジタル

スタッフ

演出伊勢真一 
撮影石倉隆二 
宮田八郎 
内藤雅行 
田辺司 
伊勢朋矢 
金聖雄 
主題曲/主題歌苫米地サトロ:(「満月」)
録音世良隆浩 
永峯康弘 
照明工藤和雄 
編集技術尾尻弘一 
題字/タイトル細谷亮太 

キャスト

解説

地震、津波、原発事故に人々が大きく揺さぶられた東日本大震災の4日後、宮城県の亘理町に暮らす友人のミュージシャンの安否を尋ねて被災地に入り撮影を始め、それから1年、宮城と福島を訪れ、被災者のそばで撮影したドキュメンタリー。監督は、「大丈夫。」の伊勢真一。出演は、シンガーソングライターの苫米地サトロ。

あらすじ

2011年3月11日、東日本大震災が発生し、地震、津波、原発事故によって人々は大きく揺さぶられた。その4日後、カメラマン宮田八郎は、宮城県の亘理町に住む友人のミュージシャン苫米地サトロの安否を尋ねるため、被災地に入り撮影を始める。以来、毎月11日の月命日前後に仲間たちと共に、亘理町と、別の友人が暮らす福島県の飯舘村に通い続ける。宮城から福島、福島から宮城へと、被災者のそばで撮影し続けた時間は、無慈悲な仕打ちを前にした命に寄り添う1年だった。

関連するキネマ旬報の記事

2012年7月上旬号

文化映画:「傍~3月11日からの旅~」

2012年4月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「傍~3月11日からの旅~」