男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

新しき土

  • あたらしきつち
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    64.2点(59人)

  • 観たひと

    86

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本=ドイツ
製作年 1937
公開年月日 1937/2/4
上映時間 106分
製作会社 Dr. Arnold Fanck-Film=J.O.スタジオ=東和商事G.K.
配給 東和商事映画部
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演原節子 大和光子
小杉勇 大和輝雄
早川雪洲 大和巖
ルート・エベラー ゲルダ・シュトルム
英百合子 おいく
中村吉治 一環和尚
高木永二 神田耕作
市川春代 神田日出子
常盤操子 輝雄の母
マックス・ヒンダー 独逸語教師

(C) Matthias Fanck

解説

「モンブランの王者」など“山岳映画”で知られるドイツのアーノルド・ファンクと「赤西蠣太」の伊丹万作が共同監督を務めた日本初の国際合作映画。撮影当時16歳の原節子(「東京物語」)が初々しい魅力を放つ。共演は「戦場にかける橋」の早川雪州、「限りなき前進」の小杉勇。撮影協力として特撮技術の祖・円谷英二が参加。

あらすじ

ヨーロッパ留学を終え、ドイツ人女性ジャーナリストと共に帰国した青年、輝雄(小杉勇)。一途に彼を待ちわびていた許婚の光子(原節子)と、その父・巌(早川雪洲)に温かく迎えられるが、西欧文化に馴染んだ輝雄は、“許婚”という日本的な慣習に反発を覚えて悩む。そんな輝雄の変化に気付き、絶望する光子。やがて光子は、婚礼衣装を胸に抱き、噴煙を上げる険しい山に一人で登り始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「新しき土」

16歳、原節子がいる「新しき土」:女性から、男性から 原節子論 (1)神話のひと

16歳、原節子がいる「新しき土」:女性から、男性から 原節子論 (2)原節子はなぜ翳りの火口に吸い込まれてゆくのか

16歳、原節子がいる「新しき土」:コラム 「新しき土」と異邦からの視線