男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

キリング・ショット

  • きりんぐしょっと
  • Catch .44
  • Catch .44

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    53.7点(153人)

  • 観たひと

    227

  • 観たいひと

    39

  • レビューの数

    30

基本情報

ジャンル アクション / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2012/4/7
上映時間 94分
製作会社 Annapurna Productions=Emmett/Furla Films=Benaroya Pictures=Waterfall Media=Sakonnet Capital Partners
配給 プレシディオ(協力 ワーナー・ホーム・ビデオ)
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2011 CATCH44 AP LLC ALL RIGHTS RESERVED.

解説

ラスベガスの郊外にあるダイナーを舞台に、様々な人たちの思惑が交錯するクライム・サスペンス。監督は、本作が監督デビュー作となるアーロン・ハーヴィー。出演は、「RED レッド」のブルース・ウィリス、「ラストキング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ウィテカー、「ウォッチメン」のマリン・アッカーマン。

あらすじ

夜のラスベガス。金髪美女のテス(マリン・アッカーマン)は、仲間の姉妹ドーン(デボラ・アン・ウォール)とカラ(ニッキー・リード)と共に車を走らせている。3人は女強盗にしてヤクの売人であり、犯罪組織のボス・メル(ブルース・ウィリス)の命令で、郊外のダイナーに向かっていた。そこでメルのシマを荒らしている奴らの取引が行われるため、先回りしてトラックで運ばれてくるヤクを取り押さえ、彼らの正体を暴くのが彼女たちの目的だった。3人は前回の仕事をしくじっており、これ以上の失敗は許されない。夜の140号線を南下していた車は、エルモアと名乗る黒人の警官に呼び止められる。警官は目的地まで後ろから着いていくと言い張り、彼女たちは渋々承諾する。しかし彼は、ある警官を射殺し、その制服を奪ったニセ警官だった。間もなくダイナーに到着する。店内には、トラック運転手と1組の夫婦らしきカップルとウェイトレスがいた。店主と思しきウェイトレスが何か知っているはずだと判断した3人は、店内に向けて銃を構える。ウェイトレスはライフルを取り出し、カラを射殺する。激情したドーンはウェイトレスを射殺するが、トラック運転手がドーンを射殺する。テスは即座に運転手を撃ち殺す。すると店の奥から、ライフルを構えたコックのビリー(シェー・ウィガム)が出てくる。ビリーは、テスを殺せばメルから大金が貰えることを告げる。そこにニセ警官が入ってきて、怯えるカップルを射殺する。彼は、2年前、キャバレーで働いていたテスをスカウトしてメルに紹介した、自称“配達人”のロニー(フォレスト・ウィテカー)だった。メルは、前回の仕事に失敗したテスたちを消すようビリーに命令していた。密かにテスに恋していたロニーは、ビリーが貰っているはずの報酬を奪ってテスと逃げようと誘う。しかしビリーは、金はまだ貰っていないと主張する。一方、ロニーの顔も覚えていなかったテスは、突然の求愛と、メルの真意が分からず戸惑う。

関連するキネマ旬報の記事

2012年5月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「キリング・ショット」

2012年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「キリング・ショット」