男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シベリア超特急3

  • しべりあちょうとっきゅうすりー
  • ----
  • Siberian Express 3

amazon


  • 平均評点

    53.9点(20人)

  • 観たひと

    45

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / アクション
製作国 日本
製作年 2003
公開年月日 2003/1/2
上映時間 114分
製作会社 水野晴郎事務所=IMAGICA作品
配給 M&T PICTURES
レイティング 一般映画
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム
音声 不明
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督MIKE MIZUNO 
操演羽島博幸 
脚本上代務 
北里宇一郎 
MIKE MIZUNO 
原作水野晴郎 
製作水野晴郎 
福井政文 
プロデューサー伊藤直克 
制作担当小松功 
撮影鈴木耕一 
ステディカム金子雪生 
実景撮影喜久村徳章 
長谷川卓也 
美術監督木村威夫 
美術安宅紀史 
音楽遠藤浩二 
音楽監修新田孝 
主題曲/主題歌西村協:(「BEGIN THE BEGUINE」)
録音湯脇房雄 
照明才木勝 
編集大高勲 
衣裳デザイン鈴木紀男 
衣裳/スタイリスト川崎健二 
スタイリスト清水まり 
監督補吉原勲 
助監督荒川栄二 
スクリプター杉山昌子 
スチール久井田誠 
効果佐々木英世 

キャスト

出演三田佳子 森裕美
宇津井健 宮城伝蔵
水野晴郎 山下泰文陸軍大将
田中丈資 少年時代の宮城伝蔵
大塚ちひろ オリビア
大浦みずき 金芳蘭
内藤武敏 沢島軍平
安藤一平 少年時代の沢島軍平
西田和昭 佐伯大尉
真柄佳奈子 宮城和世
江成大輝 城之内正人
アガタ・モレシャン ヴィヴィカ・リンデンバウム
グレゴリー・ペッカー ダニエル
リチャード・グロス ヤーニス
マシュー・カールセン マヌーク
サム・アーノルド 車掌
インゲ・ヴィーン ウクライナ線の老婦人
サリー・エン・テリオ 謎のルームキーパーの女
岩井志麻子 娼婦まき
山口雪太郎 幼い頃の伝蔵
安藤鳩子 志津
鈴木紀男 パーティの客
ドクター中松 パーティの客
西村協 パーティの客
新田孝 
高松奈央 
奏谷ひろみ 
西田和世 
たにし 
勘太郎 
ナレーション油井昌由樹 

解説

豪華客船とシベリア超特急、60年という歳月を超えて起こった二つの殺人事件の真相を描くミステリーのシリーズ第3弾。監督は「SIBERIAN EXPRESS 2<シベリア超特急2>」の水野晴郎(MIKE MIZUNO)。水野の原作を基に「Zの回路 復讐の裏ゴト師」の上代務と「SIBERIAN EXPRESS 2」の北里宇一郎、水野が共同で脚色。撮影を「修羅のみち2 関西頂上決戦」の鈴木耕一が担当している。主演は、「遠き落日」の三田佳子と「催眠」の宇津井健。第20回コニャック・ミステリー映画祭特別賞受賞作品。

あらすじ

2002年、瀬戸内海。日本マスコミ界の帝王・宮城伝蔵の誕生パーティが開かれたクルーズ船上で、殺人事件が発生した。密室、謎の女、犯行時刻、凶器のナイフ…それら状況は、61年前に起こったシベリア超特急での殺人事件とあまりに酷似していた。事件の謎を解く鍵は、61年前の事件にあるかもしれない。そこで、伝蔵と彼の友人である沢島は、パーティの主催者で日本を代表するファッション・デザイナーの森裕美らに61年前の事件の顛末を話し始めるのであった…。1941年、モスクワを発ったシベリア超特急の列車内。ドイツで映画の勉強をしていた16歳の伝蔵は、一等乗客車輛でラトビア人彫刻家・ヤーニス殺人事件に遭遇する。乗り合わせた山下将軍の名推理により、犯人は乗客で事件後列車から飛び降り自殺を図ったヴィヴィカであることが判明。ところが、伝蔵はヴィヴィカが何者かをかばっていることに気づいたのである。それは、ユダヤ系ベルギー人のダニエル。彼はヤーニスが持つソ連の機密文書を横取りし、それを日本軍に売った金で、日本人の亡妻との娘・オリビアとアメリカに亡命しようとして、ヤーニスを殺害したのだった。だが、オリビアを愛するようになっていた伝蔵は、それ故に彼の罪が許し難く山下将軍が止めるのも聞かず真相を追求。結果、彼を自殺に追い込み、愛する人を悲しませてしまうのだった。話し終えた伝蔵は、若き日の自分の愚かさを嘆いた。そんな彼に、機密文書を横取りしたことの謝罪を求める裕美。そう、彼女はオリビアだったのである!そして、船上での事件は伝蔵に罪を告白させるために仕組んだお芝居だったのだ。それを知った伝蔵は、機密文書は生き別れた妹を探すための資金にしようと思ったと裕美に謝罪。こうして、60年に及んだふたりのわだかまりは解け、その後、失った愛を取り戻すのであった。が、実は本物の機密文書はヴィヴィカによって盗み出され、今、彼女はニューヨークの巨大企業の社長におさまっていた。

関連するキネマ旬報の記事