男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

絶海の嵐

  • ぜっかいのあらし
  • Reap the Wild Wind
  • ----

amazon


  • 平均評点

    58.5点(8人)

  • 観たひと

    14

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1942
公開年月日 1952/7/14
上映時間 0分
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント日本支社
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

[サムソンとデリラ]のセシル・B・デミルが製作ならびに監督したテクニカラー海洋活劇1942年作品。サタディ・イヴニング・ポスト連載のセルマ・ストレイベルの原作にもとずいて「愛と血の大地」のアラン・ルメイ、「征服されざる人々」のチャールズ・ベネット、「激情の断崖」のジャネット・ラスキー・ジュニアの3人が脚色した。撮影監督は「ダニー・ケイの天国と地獄」のヴィクター・ミルナーと「印度の放浪児」のウィリアム・スコール、特殊撮影はゴードン・ジェニングス、W・L・ペレイラ、ファーシオット・エドワード、作曲は「旅愁」のヴィクター・ヤングが夫々担当する。出演は「大時計」のレイ・ミランド、「硫黄島の砂」のジョン・ウェイン、「北西騎馬警官隊」のポーレット・ゴダード、「ネブラスカ魂」のロバート・プレストン、「愛と血の大地」のスーザン・ヘイワード、「ダラス」のレイモンド・マッシー、その他リン・オヴァーマン、ウォルター・ハムブデン、コラムニストのヘッダ・ホッパーらである。

あらすじ

1840年、弁護士のキング・カトラー(レイモンド・マッシー)は弟のダン(ロバート・プレストン)を使って、フロリダのキーウェストを中心に貨物船を難破させ、積荷の引き揚げを請け負って暴利をむさぼるという悪事を働いていた。ある日、ジャック・スチュアート(ジョン・ウェイン)船長の貨物船「ジェビリー」号がカトラー一味のため難破し、ジャックは負傷してクレイボーン家の娘ロキシー(ポーレット・ゴダード)にたすけられ、それが縁で2人は恋に落ちた。ロキシーは父の死後、稼業の難船の積荷引き揚げを受け継いでやっている男まさりの娘だったが、ジャックが船を難破させた責任を悩んでいたので、彼女はジャックの船会社の社長デヴェロウに会いに出かけた。ロキシーは社長がすべてを任せている弁護士スチーヴン・トリヴァ(レイ・ミランド)にとり入ることに成功した。スチーヴンは彼女に一目惚れして求婚したが、ロキシーははねつけた。スチーヴンは、ジャックを首にしようとする社長を説き伏せて、彼を新造船「南十字星」の船長に推し、その辞令を持ったままカトラーの罪状を発きにキー・ウエストに向かった。スチーヴはカトラー一味に襲われ、これを知ったロキシーとジャックは駆けつけて救ったが、スチィーヴの持っていた辞令を見たジャックは、誤解して却ってバトラー一味とグルになり、ハヴァナに向かい、「南十字星」に貴重な積荷を満載して出航した。ジャックは1度乗船を断ったダンの許婚ドルシラ(スーザン・ヘイワード)が船艙に忍び込んだことを知らなかった。船は予定どうり座礁して沈没した。その責任を問う裁判が開かれたとき、ドルシラの乗っていたことが判り、ジャックとスチーヴンは海底に潜って彼女の死骸を発見した。その時大蛸が現われジャクは死んだ。海上に上がったスチーヴンはカトラーに射たれようとして逆に彼を射殺し、ロキシーと結ばれた。

関連するキネマ旬報の記事

1952年11月上旬号

外国映画批評:絶海の嵐

1952年7月上旬夏季特別号

外国映画紹介:絶海の嵐

1952年6月上旬号

グラヴィア:絶海の嵐