男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アラスカ魂(1960)

  • あらすかだましい
  • North to Alaska
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.8点(22人)

  • 観たひと

    39

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1960
公開年月日 1961/2/11
上映時間 122分
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ラズロー・フォーダーの舞台劇をジョン・リー・メインとマーティン・ラッキンが共同で脚色したアクション・ドラマ。監督は「賭場荒し」のヘンリー・ハサウェイ。撮影は「悲愁(1959)」のレオン・シャムロイ、音楽をライオネル・ニューマンが担当。出演は「アラモ」のジョン・ウェイン、「不敵な爪」のスチュワート・グレンジャー、「逢うときはいつも他人」のアーニー・コバック、ほかに人気歌手フェビアン、キャプシーヌら。製作ヘンリー・ハサウェイ。

あらすじ

1900年、ゴールド・ラッシュのアラスカ――シアトルからきたサム(ジョン・ウェイン)と相棒ジョージ(スチュワート・グレンジャー)とその弟ビリー(フェビアン)の3人は金鉱を堀あてた。そこでサムはシアトルに採鉱機を買いに出かけ、帰りにジョージの婚約者ジェニーを連れてくることにし、ジョージは小舎を建てて待つことになった。サムはフランキー(アーニー・コバックス)の詐欺をみつけ、彼を殴った。シアトルに着いたサムはジェニーを訪ねた。彼女は結婚していた。かわりに彼はカフェで仲良くなった美人ミシェール(キャプシーヌ)を代人に仕立てることにした。彼に好意を持った彼女は、企みとはしらずにアラスカ行きを承諾した。船が出発してから真相を知ったミシェールはそのまま目的地までやってきた。そこで昔、関係のあったフランキーに2人でサムの金鉱を横取りしようといったが断られた。サムと彼女が戻るとジョージはアニーの金鉱へ行って留守だった。アニーは悪漢ダガンに人質にされていた。サムはジョージと協力してアニーを救出した。ジョージは婚約者がこないのでがっかりした。代りにいかがわしい女を連れてきたとサムをせめた。ミシェールは真相を話して、ジョージの誤解をとこうとした。ジョージはようやく納得した。茶目っ気を起した彼はミシェールと仲の良いふりをしてサムにみせつけた。嫉妬したサムはジョージを殴り、荷物をまとめて土地を去ろうとした。その時、兵隊がきて他に採掘権を主張する者がいるからと、サムたちの金鉱を差し押えるといった。怒ったサムは暴れて逮捕された。翌日、政府代理の事務官のところに出頭し、サムはダガンやフランキーの悪企みだと気がついた。ジョージやビリーと協力して一味のボッグスを捕らえ、事務官のところに連行しようとした。これを妨害するフランキーとダガン、サムたちは敢然と闘った。凱歌はサム側に上った。ミシェールと結ばれるのは近かった。

関連するキネマ旬報の記事