男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

セプテンバー

  • せぷてんばー
  • September
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    63.9点(42人)

  • 観たひと

    90

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1987
公開年月日 1988/10/1
上映時間 0分
製作会社 オライオン映画作品
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

サマー・ハウスに集まった3人の女性の愛と生活を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはジャック・ローリンズとチャールズ・H・ジョフィ、製作はロバート・グリーンハット、監督・脚本は「ラジオ・デイズ」のウディ・アレン、撮影は「ラジオ・デイズ」のカルロ・ディ・パルマが担当。出演は「ラジオ・デイズ」のミア・ファロー、「ハンナとその姉妹」のダイアン・ウィースト、「モーリス」のデンホルム・エリオットほか。

あらすじ

父が遺した山荘で暮らしているレーン(ミア・ファロー)は、親友のステファニー(ダイアン・ウィースト)や往年の大女優である母のダイアン(エレーン・ストリッチ)、ダイアンの現在の夫であるロイド(ジャック・ウォーデン)らと過ぎゆく夏の日を送っていた。ところが母は、父とレーンを捨てて愛人関係にあったギャングの許に走ったという、レーンにとっては忌わしい思い出でしかないスキャンダルな過去を自叙伝にすると言い、レーンの神経を逆なでしていた。さらに、母の伝記を書くために山荘に訪れた駆け出し作家のピーター(サム・ウォーターストン)にレーンはほのかに思いを寄せていたのだが、そのピーターがステファニーを愛していることを知り、また気まぐれな母が、処分しようとしていたこの山荘に留まると言い出したので、遂にレーンの苦悩は爆発してしまった。気まずい雰囲気の中、人々はそれぞれの生活に帰っていく。新たな季節がすぐそこに訪れようとしていた。

関連するキネマ旬報の記事

1988年11月上旬号

外国映画批評:セプテンバー

1988年10月上旬号

グラビア:セプテンバー

セプテンバー:評論

1988年9月下旬号

キネ旬試写室:セプテンバー

1988年8月下旬号 '88年上半期決算特別号

グラビア スペシャル・セレクション:セブテンバー