男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ミッドナイト・イン・パリ

  • みっどないといんぱり
  • Midnight in Paris
  • Midnight in Paris

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    79.8点(1267人)

  • 観たひと

    2045

  • 観たいひと

    261

  • レビューの数

    209

基本情報

ジャンル コメディ / ファンタジー
製作国 アメリカ スペイン
製作年 2011
公開年月日 2012/5/26
上映時間 94分
製作会社 Gravier Productions=Mediapro=Pontchartrain Productions=Televisio de Catalunya=Versatil Cinema
配給 ロングライド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L.and Gravier Productions, Inc.

解説

「人生万歳!」のウディ・アレン監督が贈るファンタジックなコメディ。パリを訪れた売れっ子脚本家が、夜な夜な1920年代の世界に迷い込み、当時の文化人や芸術家たちと巡り会う。出演は「ダージリン急行」のオーウェン・ウィルソン、「コンテイジョン」のマリオン・コティヤール、「バレンタインデー」のキャシー・ベイツ。

あらすじ

ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)とともに愛するパリを訪れる。ワンパターンの娯楽映画のシナリオ執筆に虚しさを覚えているギルは、作家への転身を夢見て、ノスタルジー・ショップで働く男を主人公にした処女小説に挑戦中。パリへの移住を夢見ていたが、お嬢様育ちで現実主義者のイネズは、安定したリッチな生活を譲らない。そんな2人の前に、イネズの男友達ポール(マイケル・シーン)が登場。イネズと水入らずでパリを満喫しようとしていたギルにとって、彼は邪魔者でしかなかった。そうして迎えた第1夜。ワインの試飲会に参加した後、1人で真夜中のパリを歩いていたギルは、道に迷ってモンターニュ・サント・ジュヌヴィエーヴ通りに迷い込む。物思いに耽っていると時計台が午前0時の鐘を鳴らし、旧式の黄色いプジョーがやってくる。その車に乗り込んだギルは、古めかしい社交クラブで開かれているパーティに参加。そこで出会ったのはスコット・フィッツジェラルド夫妻に、ピアノを弾くコール・ポーター、パーティの主催者ジャン・コクトー。ギルは1920年代のパリに迷い込んだのだ。翌晩、ギルはヘミングウェイに連れられてガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)のサロンを訪問。そこでガートルードと絵画論を戦わせていたパブロ・ピカソの愛人アドリアナ(マリオン・コティヤール)と出会い、互いに好意を抱く。さらに次の夜。真夜中のパリをアドリアナと2人で散歩し、夢のようなひと時に浸る。ところが思いがけないことで婚約者イネズの存在を知られ、アドリアナは去ってゆく。毎晩1920年代のパリに繰り出すギルは、どんどんアドリアナに惹かれてゆく。そして5度目のトリップを終えたとき、ギルは人生を左右する大きな決断を下すことになる。果たして気まぐれなパリの街は、彼に微笑んでくれるのだろうか……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ミッドナイト・イン・パリ」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ミッドナイト・イン・パリ」

2012年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ミッドナイト・イン・パリ」

巻頭特集 感じるウディ・アレン「ミッドナイト・イン・パリ」:インタビュー ウディ・アレン監督

巻頭特集 感じるウディ・アレン「ミッドナイト・イン・パリ」:作品論(1) 馴染みになっても飽きないビストロ

巻頭特集 感じるウディ・アレン「ミッドナイト・イン・パリ」:作品論(2) 叙情のパリ

巻頭特集 感じるウディ・アレン「ミッドナイト・イン・パリ」:コラム 聴く、ウディ・アレン

巻頭特集 感じるウディ・アレン「ミッドナイト・イン・パリ」:コラム 笑ってごらん ウディ・アレンの自画像史

読む、映画:「ミッドナイト・イン・パリ」