男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

私が、生きる肌

  • わたしがいきるはだ
  • La Piel Que Habito
  • The Skin I Live In
  • 平均評点

    75.3点(423人)

  • 観たひと

    657

  • 観たいひと

    95

  • レビューの数

    81

基本情報

ジャンル ドラマ / サスペンス・ミステリー
製作国 スペイン
製作年 2011
公開年月日 2012/5/26
上映時間 120分
製作会社 Blue Haze Entertainment=Canal+ Espana=El Deseo D.A. S.L.U.=FilmNation Entertainment=Instituto de Credito Oficial = Instituto de la Cinematografia y de las Artes Audiovisuales=Television Espanola
配給 ブロードメディア・スタジオ
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

Photo by José Haro Ó El Deseo

解説

「ボルベール 帰郷」などで知られるスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督が「レジェンド・オブ・ゾロ」のアントニオ・バンデラス、「この愛のために撃て」のエレナ・アナヤ主演で贈る、愛を巡る問題作。亡き妻への愛情から“完璧な肌”の創造を企む天才外科医と、彼に幽閉された女性を中心に、謎めいたドラマが展開する。2011年9月15日より、東京・新宿バルト9にて開催された「第8回 ラテンビート映画祭」にて先行上映。

あらすじ

謎めいた雰囲気を漂わせる女性ベラ(エレナ・アナヤ)は、全裸と見まがうしなやかな肢体に肌色のボディ・ストッキングをまとい、ヨガの瞑想に耽っている。彼女は画期的な人工皮膚の開発に没頭する天才形成外科医ロベル(アントニオ・バンデラス)によって幽閉されていた。ロベルが夢見るのは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった“完璧な肌”の創造。あらゆる良心の呵責を失ったロベルはベラを実験台に、開発中の人工皮膚を移植し、今は亡き妻そっくりの美女を創り上げてゆく……。そして、ベラは一体何者で、どのような宿命のもとでロベルと巡り合ったのか……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年8月上旬号

WOWOW×KINEJUN 今月はコレ!:第14回 「私が、生きる肌」

2012年7月上旬号

読む、映画:「私が、生きる肌」

読む、映画:「私が、生きる肌」

2012年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「私が、生きる肌」

2012年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「私が、生きる肌」

2012年5月下旬号

巻頭特集 映画の想像力 リアルとフィクションのあいだ 「ファウスト」「私が、生きる肌」「ル・アーヴルの靴みがき」:映画で世界を変えること

巻頭特集 映画の想像力 リアルとフィクションのあいだ 「ファウスト」「私が、生きる肌」「ル・アーヴルの靴みがき」:文学が映画をつづる 「ファウスト」アイスランドのファウスト

巻頭特集 映画の想像力 リアルとフィクションのあいだ 「ファウスト」「私が、生きる肌」「ル・アーヴルの靴みがき」:文学が映画をつづる 「私が、生きる肌」バロックとメビウスの輪

巻頭特集 映画の想像力 リアルとフィクションのあいだ 「ファウスト」「私が、生きる肌」「ル・アーヴルの靴みがき」:文学が映画をつづる 「ル・アーヴルの靴みがき」すべては切り詰められている

巻頭特集 映画の想像力 リアルとフィクションのあいだ 「ファウスト」「私が、生きる肌」「ル・アーヴルの靴みがき」:アーティストによるアーティスト 佐野史郎、ソクーロフの現場を語る

巻頭特集 映画の想像力 リアルとフィクションのあいだ 「ファウスト」「私が、生きる肌」「ル・アーヴルの靴みがき」:アーティストによるアーティスト 菊地成孔、アルモドバルの倒錯を語る

巻頭特集 映画の想像力 リアルとフィクションのあいだ 「ファウスト」「私が、生きる肌」「ル・アーヴルの靴みがき」:アーティストによるアーティスト 山下敦弘、カウリスマキに寄せて

読む、映画:「私が、生きる肌」