男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

幸せの教室

  • しあわせのきょうしつ
  • LARRY CROWNE
  • LARRY CROWNE

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    65.6点(493人)

  • 観たひと

    751

  • 観たいひと

    104

  • レビューの数

    88

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2012/5/11
上映時間 99分
製作会社 Universal Pictures=Vendome Pictures=Playtone Productions
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) 2011 Vendome International, LLC. All Rights Reserved.

解説

「フォレスト・ガンプ 一期一会」などで2度のアカデミー賞主演男優賞に輝くトム・ハンクスが、製作、監督、脚本、主演を務めたハートフル・ストーリー。失業した中年男性が、再就職のために通い始めた学校で情熱を失った女性教師と出会い、互いに希望を見出してゆく。共演は「食べて、祈って、恋をして」のジュリア・ロバーツ。

あらすじ

大卒ではないという理由で、長年勤めていたスーパーをリストラされてしまったラリー・クラウン(トム・ハンクス)。再就職のアテもなく落ち込んでいたが、心機一転、再就職のためのスキルを身につけようと、短期大学に入学する。そこで出会ったのは、スピーチの授業を担当する教師メルセデス・テイノー(ジュリア・ロバーツ)。いつも仏頂面で、酒に酔って暴言を吐くメルセデスは、結婚生活の破綻からアルコールに走り、教師としての情熱も、日々の喜びさえも見失っていた。初めてのキャンパスで年齢も境遇も違う様々な人々と出会うことで世界を広げ、かつてない充実した日々を送り始めるラリー。メルセデスは、そんなラリーとの出会いを通して、再び自分と向き合い始める。果たして2人はこの教室で、幸せな未来を見つけることが出来るのか……?

関連するキネマ旬報の記事

2012年6月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「幸せの教室」

2012年5月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「幸せの教室」

「幸せの教室」:トム・ハンクス/インタビュー

「幸せの教室」:作品評 “永遠の少年”トム・ハンクス調とも言えるナイーヴ&シンプル