男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

Black & White ブラック&ホワイト

  • ぶらっくあんどほわいと
  • This Means War
  • This Means War

amazon


  • 平均評点

    67.0点(448人)

  • 観たひと

    748

  • 観たいひと

    64

  • レビューの数

    78

基本情報

ジャンル ラブロマンス / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2012
公開年月日 2012/4/20
上映時間 98分
製作会社 Overbrook Entertainment=Robert Simonds Company=The Robert Simonds Productions
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/ドルビーSR/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

凄腕のトップエージェント二人が、一人の女性をめぐって前代未聞の恋の全面戦争を巻き起こすアクション・ロマンス。監督は「ターミネーター4」のマックG。出演は「アンストッパブル」のクリス・パイン、「インセプション」のトム・ハーディ、「恋人たちのパレード」のリース・ウィザースプーン。

あらすじ

ある日、CIAの凄腕コンビFDR(クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)は、闇商人の取引現場を抑える極秘任務でターゲットを逃走させてしまい、謹慎処分になってしまう。暇を持て余したタックは恋人紹介サイトで知り合ったローレン(リース・ウィザースプーン)という女性とデートをすることに。一方FDRはレンタルビデオ店でナンパをするが、思い通りにならない美女に夢中になってしまう。その女性はローレンだった。紳士的なタックとロマンチストなFDR、ローレンの心は揺れ動き、ついつい二股をかけてしまう。ところが、とある出来事でFDRとタックはお互いの恋人が同一人物だと知り、ローレンを我がものにするべく、それぞれ“重要任務”と偽って精鋭チームを招集。二人がCIAだとは知る由もないローレンの影で、宿命のライバルは史上最大の恋の戦争を始めようとしていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「Black&White/ブラック&ホワイト」

2012年5月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「Black & White/ブラック&ホワイト」