男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

戦火の馬

  • せんかのうま
  • WAR HORSE
  • WAR HORSE

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    76.9点(731人)

  • 観たひと

    1107

  • 観たいひと

    129

  • レビューの数

    130

基本情報

ジャンル 戦争 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2012/3/2
上映時間 147分
製作会社 DreamWorks SKG = Reliance Entertainment =Amblin Entertainment=Kennedy/Marshall Company, The=Touchstone Pictures
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

解説

マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説を、「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」のスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化。第一次世界大戦を舞台に、1頭の美しい馬と人間たちの出会いと別れを描く感動の戦争ドラマ。出演は、新星ジェレミー・アーヴァイン、「脳内ニューヨーク」のエミリー・ワトソン。

あらすじ

第一次世界大戦前夜のイギリスの農村で、1頭の美しい馬が貧しい農家にひきとられる。この家の少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)は、“ジョーイ”と名付けられたその馬とかけがえのない友情を結ぶ。しかし戦争が始まると、ジョーイは英国軍の軍馬として売られ、フランスの戦地に送られる。アルバートはジョーイを探すため、徴兵年齢に満たないにもかかわらず入隊し、最前線フランスに向かう。ジョーイは死と隣り合わせの過酷な日々のなか、軍馬を誰よりも大切にするイギリス人将校、ドイツ軍を脱走した少年兵の幼い兄弟、両親を失ったフランスの少女らと巡り合う。過酷な運命に立ち向かう人々との出会いと別れを繰り返しなら、やがてジョーイは彼らの希望となり、“奇跡の馬”と呼ばれる。

関連するキネマ旬報の記事

2012年3月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「戦火の馬」

2012年3月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「戦火の馬」

巻頭特集 ロスト・チャイルド=スピルバーグの大いなる旋回「戦火の馬」:プロダクション・ノートから-彼自身、あるいはファミリーによるスピルバーグ

巻頭特集 ロスト・チャイルド=スピルバーグの大いなる旋回「戦火の馬」:イントロダクション 旅のはじまり

巻頭特集 ロスト・チャイルド=スピルバーグの大いなる旋回「戦火の馬」:批評(1) 放蕩息子の帰還

巻頭特集 ロスト・チャイルド=スピルバーグの大いなる旋回「戦火の馬」:批評(2) 裸の反復

巻頭特集 ロスト・チャイルド=スピルバーグの大いなる旋回「戦火の馬」:スピルバーグの映画史 1972~2012