男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アメリカン・バイオレンス(1981)

  • あめりかんばいおれんす
  • Violence U.S.A.
  • Violence U.S.A.

amazon


  • 平均評点

    46.8点(26人)

  • 観たひと

    30

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 社会派
製作国 アメリカ
製作年 1981
公開年月日 1981/9/5
上映時間 116分
製作会社 フィルムインク・コーポレーション/東和プロ作品
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

アメリカの暴力の実態を捉えたドキュメンタリー映画。製作は山本又一朗とレナード・シュレーダー、監督はシェルドン・レナン、脚本はレナード・シュレーダーとチエコ・シュレーダー、撮影はウィリー・クラント、ロバート・チャールトン、トム・ハーウィッツ、ピーター・スモークラー、音楽はマーク・リンゼイとマイケル・ルイス、編集はリー・パーシーが各々担当。映画は1963年のケネディ大統領暗殺、81年のレーガン大統領暗殺未遂、ノーベル平和賞受賞のキング牧師の68年暗殺事件などの有名人暗殺事件、サムの息子と呼ばれる射殺魔、自分を宇宙人だと言って発砲して警察官によって銃撃されるサム・ブラウン、アメリカの各地で起こっている無差別殺人、女優シャロン・テートをはじめ数々の殺人を実行したチャールズ・マンソンをとりまく狂信的な少女たちの実態、性的倒錯者たちによる暴行事件など数年間に起きた恐しいアメリカの暴力の実態を追っている。

あらすじ

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

関連するキネマ旬報の記事

1981年9月下旬

グラビア:アメリカン・バイオレンス

外国映画批評:アメリカン・バイオレンス

1981年9月上旬号

外国映画紹介:アメリカン・バイオレンス