男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スタア誕生(1954)

  • すたあたんじょうすたーたんじょう
  • A Star is Born
  • A Star is Born

amazon


  • 平均評点

    68.8点(86人)

  • 観たひと

    165

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1954
公開年月日 1955/5/27
上映時間 154分
製作会社 WB映画
配給 ワーナー・ブラザース映画会社
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム
音声 ステレオ
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「オズの魔法使い」のジュディ・ガーランドがカムバックして「三つの恋の物語」のジェームズ・メイスンと共演する1954年作品。かつてウィリアム・A・ウェルマン監督で映画化されたドラマを今度はミュージカルとして「アダム氏とマダム」のジョージ・キューカーが監督した。脚色は「アンデルセン物語」のモス・ハート、製作者はジュディ・ガーランドの夫シドニー・ラフトである。撮影は「カーメン・ジョーンズ」のサム・リーヴィット、音楽監督はレイ・ハインドーフ。「毒薬と老嬢」のジャック・カーソン、「恋は青空の下」のチャールズ・ビックフォード、「紳士は金髪がお好き(1953)」のトミー・ヌーナン、ルーシー・マーロー、アマンダ・ブレイクらが共演する。日本では短縮版が公開される。オリジナル板は181分。後に修復のためスチール写真を組み入れた176分が制作されている。

あらすじ

有名な映画スター、ノーマン・メイン(ジェームズ・メイスン)がハリウッド映画基金募集ショーの会場に酔って現れた。撮影所長ニールは宣伝部長リビーに命じ、メインの出場を抜いて番組を進めさせたが、メインは舞台に飛び出してしまった。出演していたジャズ歌手のエスター(ジュディ・ガーランド)は酔ったメインを巧みにリードしてその場をうまくとりなした。家に送り帰されたメインは真夜中町に出、ダウンビート・クラブで歌うエスターに会って映画出演をすすめた。そして翌日、彼女を撮影所へともなって相手役に抜擢した。ヴィキー・レスターの芸名で出演したミュージカル映画は大成功で、彼女の名は一躍有名になった。メインとエスターは結婚した。2人は幸福であると思われたが、メインの酒量は上るばかりで人気は次第に凋落して行った。彼と反対にエスターの人気は旭日昇天の勢いだった。そしてついにアカデミー主演女優賞を獲得した。授賞式の夜、メインは酒に酔いしれて現れ、エスターをやゆし、頬を打つまでの醜態を演じた。メインはアルコール中毒治療のため病院に入った。だが、ふと会った宣伝屋リビーに面罵され、その衝撃をまぎらわすためまた酒浸りになった。そのあげく、警察に留置され、エスターと撮影所長の尽力で釈放される有様だった。メインは海岸の自宅へ帰って静養していたが、エスターが女優を辞めて妻としてメインに尽くすと撮影所長に語るのをきき、エスターの愛情の深さに打たれた。その夕方、メインは海に入って自殺した。エスターの嘆きは一方ならぬものであった。が、友人のダニーから、メインの死はエスターの成功を祈る心から出たと説ききかされた。そして彼女はハリウッド映画救済資金のショーにノーマン・メイン夫人として華華しくカムバックしたのだった。舞台に立つ彼女の眼前に浮ぶのは在りし日のメインの面影であった。

関連するキネマ旬報の記事

1955年6月下旬号

外国映画批評:スタア誕生

1955年3月上旬号

外国映画紹介:スタア誕生

1954年12月下旬号

グラフィック:スタア誕生