男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スクープ 悪意の不在

  • すくーぷあくいのふざい
  • Absence of Marice
  • Absence of Marice

amazon


  • 平均評点

    62.8点(60人)

  • 観たひと

    106

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1981
公開年月日 1982/2/20
上映時間 116分
製作会社 ミラージュ・エンタープライゼス・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

港湾労働組合のリーダーの失踪に端を発し、新聞にでたらめの報道をされた男が巧妙な手段で復讐するというドラマ。製作・監督は「出逢い」(79)のシドニー・ボラック。製作指揮はロナルド・シュワリー、脚本は新聞記者出身のカート・リュデューク。「出逢い」でポラックと組んだオーウェン・ロイズマンが撮影、デイブ・グルーシンが音楽を担当。衣裳はシドニーの妹バーニー・ボラックが手掛けている。出演はポール・ニューマン、サリー・フィールド、ボブ・バラバン、メリンダ・ディロン、ルーサー・アドラー、ドン・フッドなど。

あらすじ

行方不明中のマイアミ港湾労働組合のリーダー、ジョセフ・ディアス捜索にFBIが乗りだす。その日の「マイアミ・スタンダード」紙はこう一面で報道した。6ヵ月たってもディアスの行方がつかめず、そのためにローゼン(ボブ・バラバン)をリーダーとするFBIマイアミ支部が動き始めたのだ。ローゼンたちが目星をつけたのは、マイケル・ギャラガー(ポール・ニューマン)。彼は現在マイアミ港湾内で酒類の卸商を営んでおり、身内にはマフィアと繋がっている人間もいたが、ディアス失踪事件とは無関係だった。ローゼンは手始めに、マスコミを利用することを思いたった。ターゲットは「マイアミ・スタンダード」紙の女性記者ミーガン・カーター(サリー・フィールド)だ。彼女にわざとローゼンに関する書類を目にふれさせ、罠とは知らぬミーガンはそれをもとに、ディアス失踪事件の重要容疑者に、マイケル・ギャラガーと大々的に書きたてた。効果はてき面だった。労働組合の幹部は労働者全員を職場から引き上げさせ、伯父のマルデロン(ルーサー・アドラー)は警察に協力するよう忠告してきた。マイケルは激怒し、彼の旧友でカソリック系の学校教師テレサ(メリンダ・ディロン)はショックのあまり、ミーガンと会い、マイケルは無関係であることを主張。オフ・レコを条件にその根拠として事件当日、子供を堕ろしに彼に一緒に行ってもらったと告白した。しかし、翌日の朝刊にはマイケル・ギャラガーにアリバイ。テレサ・ペロー証言、堕胎のため3日間アトランタにと報道されてしまった。テレサは自殺、マイケルは報復のために「マイアミ改善委員会」という口座に9千ドル払い込んだ。これは地方検事クィン(ドン・フッド)の政治献金のために使われている口座だった。クィンはマイケルの無実をコメントし、新聞にもマイケルは白と報道された。しかしFBIはあきらめず、クィンとギャラガーの関係を立証し、事件はついに判事のもとで行われる査問会にもつれ込んだ。激しいやり取りの末、マイケルの策略通りFBIの工作が暴露されるのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1982年3月下旬号

外国映画紹介:スクープ・悪意の不在

1982年3月上旬号

カラー・グラビア:スクープ・悪意の不在

特集 「スクープ・悪意の不在」:作品評

特集 「スクープ・悪意の不在」:作品評

特集 「スクープ・悪意の不在」:作品評

特集 「スクープ・悪意の不在」:作品評

特集 「スクープ・悪意の不在」:分析採録