男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スウィッチ 素敵な彼女?

  • すうぃっちすてきなかのじょ
  • Switch
  • ----

amazon


  • 平均評点

    64.2点(25人)

  • 観たひと

    45

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ファンタジー / コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991/9/7
上映時間 0分
製作会社 ビコ・プロ(ワーナーブラザース)作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

死んだプレイボーイが女性になって現世に復活、名誉挽回を図るファンタジー・コメディ。監督は「ティファニーで朝食を」「ピンクパンサー」シリーズのブレイク・エドワーズ、製作はトニー・アダムス、エグゼクティヴ・プロデューサーはアーノン・ミルチャンとパトリック・ワックスバーガー、撮影はディック・ブッシュ、音楽は「ティファニーで朝食を」ほかエドワーズ監督の諸作品を手掛けているヘンリー・マンシーニ、編集はロバート・パーガメント、美術はロジャー・マウスがそれぞれ担当。

あらすじ

女癖の悪さから、女性たちの恨みを買って殺された広告マンのスティーヴ(ペリー・キング)。彼は神様から、本当に愛してくれる女性を見つけたら、天国に迎え入れるという条件を付けられ現世に送り戻される。が、それを見ていた悪魔が、彼の姿をアマンダ(エレン・バーキン)という女性にしてしまった。自分の生前の悪評を女性になって初めて思い知るスティーヴだったが、唯一彼の死を心から嘆き悲しんでくれた親友ウォルター(ジミー・スミッツ)と結ばれた。そして彼女は妊娠、出産。彼女を本当に愛してくれた女性は、彼女が産んだ自分の娘であった。

関連するキネマ旬報の記事

1991年10月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):スウィッチ

外国映画批評:スウィッチ