男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

地獄のデビルトラック

  • じごくのでびるとらっく
  • Maximum Overdrive
  • ----

amazon


  • 平均評点

    51.6点(19人)

  • 観たひと

    41

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1987/7/18
上映時間 0分
製作会社 D・E・G作品
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ノースカロライナ州の町に次々に起こった怪奇現象を描くホラー。製作はマーサ・シュマッチャー、エグゼクティヴ・プロデューサーはメル・パール、ドン・レヴィン。スティーブン・キングの短篇(『ナイト・シフト』)の中の1篇をキング自ら監督・脚色。撮影はアルマンド・ナヌッツィ、音楽はAC/DCが担当。出演はエミリオ・エステヴェスほか。

あらすじ

彗星が地球に大接近。ノースカロライナ州ウエリントンの町に次々に奇っ怪な現象が起こった。コンピュータ、機械、クルマが勝手に動き、狂い出す。やがて人間を襲い次々に追いやっていくのだ。町はずれのドライヴ・インでも、いままさに人々を恐怖のドン底へと叩きつけようとしていた。20台のコンボイがいっせいに始動。周辺を不気味に進行しはじめたのだ。居合わせた数人の人間が轢き殺されてゆく。やがて、マシンガンを装備した軍用車がやってくる。狂気をもったコンボイ軍団が呼びよせたのだ。軍用車は人間を監視し、一歩でも外へ出れば、マシンガンのえじきにする。恐怖のメカニズムを前にして、若者ビル(エミリオ・エステヴェス)が決死の脱出行を思いついた。手に手にショット・ガン、マシンガン、バズーカ砲を持ち、ドライヴ・インから脱出する人間たち。人間対巨大コンボイのバトルが、いま開始され、ビルはあらゆる手段を用いて強敵を倒すのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1987年10月上旬号

外国映画紹介:地獄のデビルトラック

1987年9月上旬号

外国映画批評:地獄のデビルトラック

1987年8月上旬号

グラビア:地獄のデビルトラック