男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

情事の終り

  • じょうじのおわり
  • The End of the Affair
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    69.6点(5人)

  • 観たひと

    11

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1955/5/3
上映時間 0分
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア映画会社
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演デボラ・カー Sarah_Miles
ヴァン・ジョンソン Maurice_Bendrix
ジョン・ミルズ Albert_Parkis
ピーター・カッシング Henry_Miles
スティーブン・マレイ Father_Crompton
ノラ・スウィンバーン Mrs._Bertram
チャールズ・ゴルドナー Savage
マイケル・グッドリッフ Smythe
ジョイス・ケイリー Miss_Palmer
Frederick Leister Dr._Collingwood
Mary Williams Maid
O'Donovan Shiell Doctor
Elsie Wagstaff Bendrix'_Landlady
Christopher Warbey Lancelot_Parkis
Nan Munro Mrs._Tromkins
Josephine Wilson Miss_Smythe
Shela Ward Old_Woman
Stanley Rose Fireman
Robert Gregory Soecial_Guest

解説

「落ちた偶像」のグレアム・グリーンの同名小説の映画化で、「折れた槍」のエドワード・ドミトリクが監督した1955年作品である。脚色は「突然の恐怖」のレノア・コフィー、撮影は「裸の島」のウィルキー・クーパーである。音楽は「彩られし幻想曲」のベンジャミン・フランケル。「地上より永遠に」のデボラ・カーと「雨の朝巴里に死す」のヴァン・ジョンソンが主演し、以下「ホブスンの婿選び」のジョン・ミルズ、「男の城」のピーター・カッシング、「艦長ホレーショ」のマイケル・グッドリーフ、スティーブン・マレイ、ノーラ・スウィンバーン、チャールズ・ゴールドナーなどが共演する。

あらすじ

第ニ次大戦下のロンドン--小説家モーリス・ベンドリックス(ヴァン・ジョンソン)は、作品の材料探しに官吏のヘンリイ・マイルズ(ピーター・カッシング)とその妻セラ(デボラ・カー)と知り合い、彼女から夫の日常をきき出すうち2人は烈しい恋に陥った。しかし夫の前では平然とし、離婚のことを考えようともしない彼女をみては、ベンドリックスの心は嫉妬と疑惑についとげとげしくなるばかりであった。ヘンリイの出張で、2人が男の部屋で数日暮らせるという初めての夜、ナチのV1爆撃が開始された。地下室へ避難する用意でベンドリックスが階下へ降りた途端、至近弾が扉を吹き飛して彼はその下敷となった。やっと部屋に戻った彼を、セラは苦悩の表情でみつめ、逃げるように去って行った。彼女は自分の死を望んだにちがいない--ベンドリックスの気持ちは彼女とその夫に対する憎悪に変わった。戦後ある雨の夜、ベンドリックスは街でヘンリイに巡り合い、彼が外出がちの妻の日常に烈しい不安を感じていることを知って、秘かに彼女の行動を私立探偵に探らせる決意をかためた。パーキス(ジョン・ミルズ)という律儀な探偵は子供連れでベンドリックスのためにつくしてくれたが、その結果、彼女がスマイス(マイケル・グッドリーフ)という反キリスト主義者の家に出入りし、且つ変わらずベンドリックスを想いつづけていることが明るみに出た。しかし、勢いを得たベンドリックスがヘンリイにすべてをぶちまけた夜、セラは夫に2度と別れない誓いをたてた。パーキスが探し出した彼女の日記によると、爆撃の夜、彼女は男が死んだものと思いこんで、特に信じてもいなかった神に彼を生き返して下されば2度と彼に会いません、と誓ったのだった。その直後生き返って来た彼を見て、彼女は神の摂理のきびしさに抵抗し、脅かされながらも誓いに忠実に彼を避け通して来たのだ。日記を読んでベンドリックスは直ちに病床のセラに電話したが、2つの誓いを侵してまでも彼の胸へ走りかねない恐ろしさに、彼女は雨の中を教会へ逃げて神にすがった。この雨が彼女の命を奪った。臨終の床から呆然とアパートへ戻って来たベンドリックスの足許に、愛の極みで神の存在を認めざるを得なくなった女の最後の決別の手紙が落ちていた。

関連するキネマ旬報の記事

1955年7月下旬号

外国映画批評:情事の終り

1955年5月上旬号

新作グラフィック:情事の終り

シナリオ:情事の終り

1955年4月下旬号

座談会 新しい苦悩の表現 (グリアム・グリーン最近作小説「情事の終り」の映画化):植草甚一×高季彦×清水千代太

外国映画紹介:情事の終り