男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ドライヴ(2011)

  • どらいぶ
  • Drive
  • Drive
  • 平均評点

    77.8点(1187人)

  • 観たひと

    1730

  • 観たいひと

    184

  • レビューの数

    236

基本情報

ジャンル アクション / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2012/3/31
上映時間 100分
製作会社 Bold Films= Odd Lot Entertainment= Marc Platt Productions= Motel Movies= FilmDistrict
配給 クロックワークス(提供 クロックワークス=バップ)
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) 2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

解説

昼は映画のスタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手が裏社会の抗争に巻き込まれていく様を描くクライム・サスペンス。ジェイムズ・サリスの小説を原作に「プッシャー」のニコラス・ウィンディング・レフン監督が映画化。出演は「ラブ・アゲイン」のライアン・ゴズリング、「わたしを離さないで」のキャリー・マリガン、「エンジェル・ウォーズ」のオスカー・アイザック。

あらすじ

天才的なドライビングテクニックを持つ寡黙な“ドライバー”(ライアン・ゴズリング)は、昼は映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手というふたつの顔を持っていた。家族も友人もいない孤独なドライバーは、ある晩、同じアパートに暮らすアイリーン(キャリー・マリガン)と偶然エレベーターで乗り合わせ、一目で恋に落ちる。不器用ながらも次第に距離を縮めていくふたりだったが、ある日、アイリーンの夫スタンダード(オスカー・アイザック)が服役を終え戻ってくる。その後、本心から更生を誓う夫を見たアイリーンは、ドライバーに心を残しながらも家族を守る選択をするのだった。しかし、服役中の用心棒代として多額の借金を負ったスタンダードは、妻子の命を盾に強盗を強要されていた。そんな中、絶体絶命のスタンダードに助けを求められたドライバーは、無償で彼のアシストを引き受ける。計画当日、質屋から首尾よく金を奪還したスタンダードだったが、逃走寸前で撃ち殺され、ドライバーも九死に一生を得る。何者かによって自分たちが嵌められたことを知ったドライバーは、手元に残された100万ドルを手に黒幕解明に動き出す。だが、ドライバーを消し去ろうとする魔の手は、すでに彼の周囲の人間にも伸びていた……。やがて、恩人の無残な死体を発見したドライバーは、報復、そして愛する者を守るため、逃走から攻撃に一気にシフトチェンジするのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年4月上旬号

WOWOW×KINEJUN 今月はコレ!:第10回 「ドライヴ」

2012年5月上旬号

読む、映画:「ドライヴ」

読む、映画:「ドライヴ」

2012年4月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ドライヴ」

読む、映画:「ドライヴ」

読む、映画:「ドライヴ」

2012年4月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ドライヴ」

見逃せないアメリカ映画4選:「ドライヴ」