男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マリリン 7日間の恋

  • まりりんなぬかかんのこい
  • My Week with Marilyn
  • My Week with Marilyn

amazon


  • 平均評点

    70.4点(461人)

  • 観たひと

    677

  • 観たいひと

    93

  • レビューの数

    103

基本情報

ジャンル ラブロマンス / 伝記
製作国 イギリス アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2012/3/24
上映時間 100分
製作会社 Weinstein Company, The=BBC Films =Lipsync Productions =Trademark Films=UK Film Council
配給 角川映画(提供 カルチュア・パブリッシャーズ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) 2011 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

解説

世界のセックスシンボル、マリリン・モンローが「王子と踊子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの原作を基に映画化したラブロマンス。出演は「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ、「パイレーツ・ロック」のケネス・ブラナー、「イエロー・ハンカチーフ」のエディ・レッドメイン、「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン、「NINE」のジュディ・デンチ。

あらすじ

1956年。ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める「王子と踊子」の撮影で、ハリウッドからロンドンへと渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影によるプレッシャーと、夫との確執で仕事に集中できずにいた。さらに演技方法でオリヴィエとも対立、困惑するモンローに、第3助監督のコリン(エディ・レッドメイン)はただひとり的確なアドバイスをする。それを機に二人は心を許し合う仲になるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年4月下旬号

セルロイドの画集 シネマ・アート・ランダム:第141回 ハンス・ホルバイン〈レディ・エリオット〉×『マリリン 7日間の恋』

2012年4月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「マリリン7日間の恋」

2012年4月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「マリリン7日間の恋」

見逃せないアメリカ映画4選:「マリリン 7日間の恋」