男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シンプルメン

  • しんぷるめん
  • SIMPLE MEN
  • SIMPLE MEN

amazon


  • 平均評点

    68.5点(68人)

  • 観たひと

    131

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1992/12/12
上映時間 106分
製作会社 トゥルー・フィクション・ピクチャーズ&アメリカン・プレイハウス・シアトリカル・フィルムズ&ファイン・ライン・フューチャーズ=ゼニス&フィルム・フォー・インターナショナル=BIM・ディストリビュツォーネ作品
配給 フランス映画社
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

犯罪者の兄と真面目な学生の弟が、父を探す旅の途中で真実の愛に出会う姿を描くハードボイルド調の人間ドラマ。監督・製作・脚本はハル・ハートリー、共同製作はテッド・ホープ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェローム・ブラウンスタインとブルース・ウェイス、撮影はマイケル・スピラー、音楽はハートリー自身がネッド・ライフルというミュージシャン・ネームで担当。

あらすじ

ニューヨーク。親友と恋人に裏切られたコンピュータ強盗のビル・マッケイブ(ロバート・バーク)は、哲学科の学生で、真面目な弟デニス(ウィリアム・セイジ)と、警察に逮捕された父、ウィリアム(ジョン・マッケイ)に面会に訪れるが、50年代の名大リーガーで、68年の国防省爆破事件の容疑者でもある父は、すでに脱走した後だった。名選手にしてアナーキストの父は、英雄的大人気だ。母に教えられた父の連絡先には電話はつながらない。市外局番からロング・アイランドだと知った2人は、持ち金20ドルだったが、父に会うためバイクで旅立った。最初に着いた町で、銃とバイクを交換した2人は、父のいるらしいサガポネックへ向かう。途中でオイスター・バー兼民宿の女主人ケイト(カレン・サイラス)と、ルーマニア人の少女エリナ(エリナ・レーヴェンソン)と知り合い、ケイトの友人マーティン(マーティン・ドノヴァン)の助けで、父の住所がわかった。ビルはケインと車で訪ねるが、そこには全焼した家がくすぶっていた。デニスは、エリナが父のガールフレンドであることと、父が国外逃亡を企てていることを知る。その夜、ホテルのバーでパーティ。夜明け頃、戸外の足音で目覚めたビルとデニス。エリナがいなくなり、デニスは父が呼びに来たと直感する。ケイトから父のボートの名を聞いたデニスは港へ向かう。生まれて初めて会う父は、デニスと固く握手した後、俺の女に手を出すなとブン殴り、デニスは茫然とする。デニスはビルを父と一緒に出国させようと車を走らせる。その頃、ビルとケイトは結ばれていたが、ケイトの前夫ジャックが現れ、その上、ビルに逮捕の手が迫っていた。ところがデニスの方が、ガソリン・スタンドで一足早く保安官に逮捕される。父のもとへ行ったビルは、結局父の一行が出航するのを見送り、ケイトのもとに帰るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年2月上旬号

外国映画紹介:シンプルメン

1993年1月下旬号

外国映画批評:シンプルメン

1992年12月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):シンプルメン

特集 注目の映画作家たちの新作特集 新・作家主義:ハル・ハートリー「シンプルメン」監督 インタビュー

特集 注目の映画作家たちの新作特集 新・作家主義:ハル・ハートリー「シンプルメン」作家論