男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シンデレラ(1949)

  • しんでれら
  • Cinderella
  • Cinderella

amazon


  • 平均評点

    73.2点(247人)

  • 観たひと

    577

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル アニメーション / ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 1949
公開年月日 1952/3/7
上映時間 74分
製作会社 W・ディズニー=RKOラジオ映画
配給
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

総監督ベン・シャープスティーン 
監督ウィルフレッド・ジャクソン 
ハミルトン・S・ラスク 
クライド・ジェロニミ 
脚本ケン・アンダーソン 
テッド・シアーズ 
ホーマー・ブライトマン 
ジョー・リナルディ 
ビル・ピート 
ハリー・リーヴス 
ウィンストン・ヒブラー 
アードマン・ペナー 
原作シャルル・ペロー 
製作ウォルト・ディズニー 
ロイ・O・ディズニー 
レイアウトチェックドン・ダグラディ 
レイアウトマクラーレン・スチュワート 
トム・コドリック 
ランス・ノーレイ 
ドン・グリフィス 
A・ケンドール・オコーナー 
ヒュー・ヘネシー 
チャールズ・フィリッピ 
トール・パットナム 
作画監督エリック・ラーソン 
ウォード・キンボール 
ノーム・ファーガソン 
マーク・デイビス 
ジョン・ラウンズベリー 
ミルト・カール 
ウォルフガング・ライザーマン 
レス・クラーク 
オリー・ジョンストン 
フランク・トーマス 
撮影ボブ・ブロートン 
背景ブライス・マック 
ラルフ・ヒューレット 
ディック・アンソニー 
アート・リレイ 
レイ・ハッフィン 
マール・コックス 
テルマ・ウィトマー 
音楽監督オリヴァー・ウォーレス 
ポール・スミス 
主題歌マーニ・ニクソン:(「シンデレラ」)
挿入歌アイリーン・ウッズ:(「夢はひそかに」「ウィート・ナイチンゲール」「これが恋かしら」)
ジム・マクドナルド:(「仕事のうた」)
ルシル・ウィリアムス:(「仕事のうた」)
ジューン・サリヴァン:(「仕事のうた」)
ヴェルナ・フェルトン:(「ビビディ・バビディ・ブー」)
マイク・ダグラス:(「これが恋かしら」)
主題歌・挿入歌ザ・ジャド・コンロン・コーラス:(「シンデレラ」「夢はひそかに」)
挿入歌ローダ・ウィリアムズ:(「ウィート・ナイチンゲール」)
音響監督C・O・スライフィールド 
録音ハロルド・J・ストーン 
ロバート・O・クック 
ミキサーアル・ティーター 
編集ドナルド・ホーリデイ 
作詞・作曲マック・デイヴィッド:(「シンデレラ」「夢はひそかに」「ウィート・ナイチンゲール」「仕事のうた」「ビビディ・バビディ・ブー」「これが恋かしら」)
ジェリー・リヴィングストン:(「シンデレラ」「夢はひそかに」「ウィート・ナイチンゲール」「仕事のうた」「ビビディ・バビディ・ブー」「これが恋かしら」)
アル・ホフマン:(「シンデレラ」「夢はひそかに」「ウィート・ナイチンゲール」「仕事のうた」「ビビディ・バビディ・ブー」「これが恋かしら」)
オーケストラ指揮ジョセフ・ダビン 
エドワード・H・プラム 
助監督マイク・ホロボッフ 
ラリー・ランズバーグ 
テッド・セバーン 
エフェクト原画ジャック・ボイド 
ジョシュア・ミードア 
ジョージ・ロウレイ 
特殊効果アブ・アイワークス 
原画ドン・ラスク 
ヒュー・フレイザー 
フレッド・ムーア 
ジャッジ・ウィッテカー 
マービン・ウッドワード 
ジョージ・ニコラス 
フィル・ダンカン 
ハル・キング 
ハーベイ・トゥームズ 
クリフ・ノードバーグ 
ハル・アンブロ 
ケン・オブライエン 
ジェリー・ハッチコック 
エドウィン・アーダル 
ダン・マクマナス 
ジョン・マクマナス 
色彩設計メアリー・ブレア 
ライブアクションモデルヘレン・スタンリー 
クレア・デュブレイ 

キャスト

出演(声)アイリーン・ウッズ Cinderella
ヴェルナ・フェルトン Fairy Godmother
ルイス・ヴァン・ルーテン King/Grand Duke
ドン・バークレー Doorman
ローダ・ウィリアムズ Drizella
エレノア・オードリー Lady Tremaine
ジェームズ・マクドナルド Bruno/Gus/Jaques
富沢志満 シンデレラ
友竹正則 王子
北林谷栄 まま母
中村哲 王様
坊屋三郎 大公
堀越節子 妖精のおばあさん

解説

宝島のウォルト・ディズニーが1949年に製作した長編色彩漫画でシャルル・ペロオの童話「シンデレラ」に依ってケニス・アンダーソン、テッド・シアーズ、ホーマー・ブライトマン、ジョー・リナルディ、ウィリアム・ピード、ハリー・リーヴス、ウィンストン・ヒブラー、アードマン・ペナーがストーリーをかいた。なお、シンデレラのモデルはヘレン・スタンリー、声はアイリーン・ウッズである。初公開時のタイトルは「シンデレラ姫」。

あらすじ

昔々、遠い国での話。幸福だったシンデレラは2人の娘を連れた継母がきてから不幸になった。彼女を可愛がってくれた父親が死ぬと継母はシンデレラを虐待し、彼女を召使いの代わりに酷使した。ねずみや小鳥たちだけが彼女の親友だった。そのころ王様が王子の妃を選ぶために国中の娘たちを全部城に招待したが、意地悪な継母はシンデレラを城に行けないように仕向けた。がっかりして、ただ1人泣き伏していると妖精が現れて魔法の杖で馬車と衣装を整えてくれた。妖精に12時までに帰ってくる約束をして城にでかけたシンデレラは王子のお目に止まってダンスの相手をし、時の経つのも忘れていた。鳴り出した12時の時計の音にはっと我に帰った彼女は慌てて家にかえってきたがそのとき靴を片方城に落としてきた。王様と王子は残されたガラスの靴をたよりに消え失せた娘を探し回りシンデレラの家にもやってきた。靴がぴったりシンデレラの足にあうのをみた王子は彼女を妃にむかえ、シンデレラは世界一の幸運をかちえたのであった。

関連するキネマ旬報の記事