男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

サラの鍵

  • さらのかぎ
  • Elle s'appelait Sarah
  • Sarah's Key

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    80.3点(347人)

  • 観たひと

    500

  • 観たいひと

    58

  • レビューの数

    67

基本情報

ジャンル 社会派 / 戦争
製作国 フランス
製作年 2010
公開年月日 2011/12/17
上映時間 111分
製作会社 Hugo Productions
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) 2010 - Hugo Productions - Studio 37 - TF1 Droits Audiovisuel - France2 Cinema

解説

1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件にまつわる悲劇を描いたタチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化。出演は「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、「Ricky リッキー」のメリュジーヌ・マヤンス。監督は、自らもユダヤ人の祖父を収容所で亡くしているジル・パケ=ブランネール。

あらすじ

夫と娘とパリで暮らすアメリカ人女性記者ジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、45歳で待望の妊娠をはたす。が、報告した夫から返って来たのは、思いもよらぬ反対だった。そんな人生の岐路に立った彼女は、ある取材で衝撃的な事実に出会う。夫の祖父母から譲り受けて住んでいるアパートは、かつて1942年のパリのユダヤ人迫害事件でアウシュビッツに送られたユダヤ人家族が住んでいたというのだ。さらに、その一家の長女で10歳の少女サラ(メリュジーヌ・マヤンス)が収容所から逃亡したことを知る。一斉検挙の朝、サラは弟を納戸に隠して鍵をかけた。すぐに戻れると信じて……。果たして、サラは弟を助けることができたのか?2人は今も生きているのか?事件を紐解き、サラの足跡を辿る中、次々と明かされてゆく秘密。そこに隠された事実がジュリアを揺さぶり、人生さえも変えていく。すべてが明かされた時、サラの痛切な悲しみを全身で受け止めた彼女が見出した一筋の光とは……?

関連するキネマ旬報の記事

2012年7月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「サラの鍵」

2012年2月上旬特別号

読む、映画:「サラの鍵」

2012年1月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「サラの鍵」

2011年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「サラの鍵」

インタビュー:ジル・パケ=ブレネール(「サラの鍵」監督)負の記憶と決別するために