男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夕闇ダリア

  • ゆうやみだりあ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    42.6点(16人)

  • 観たひと

    27

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル エロス / ドラマ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011/11/26
上映時間 70分
製作会社 ポルノチック製作委員会
配給 スローラーナー
レイティング R-15
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 不明
上映フォーマット HD

スタッフ

監督池田千尋 
脚本池田千尋 
プロデュース越川道夫 
企画越川道夫 
撮影池内義浩 
美術平井敦郎 
音楽ASA-CHANG 
録音伊藤裕規 
照明山本浩資 
編集菊井貴繁 
衣裳デザイン宮本まさ江 
メイク橋本申二 
アシスタントプロデューサー神林理央子 
制作担当水川敦元 
助監督海野敦 

キャスト

解説

女性映画監督が、女性ならではの視線でエロスを描き出す“ポルノチック”シリーズ。二股をかけられた女と相手の生霊との共同生活を描いた女性の友情ストーリー。脚本・監督は、「東南角部屋二階の女」の池田千尋。出演は、「寄性獣医・鈴音」シリーズの吉井怜、「吉祥寺の朝日奈くん」の柄本佑、「UGLY」の桃生亜希子。

あらすじ

花屋を営むかなえ(吉井怜)は、由起子(桃生亜希子)という彼女がいることを知りながら、店員の大谷(柄本佑)と付き合っている。ある日、大谷を失うことを恐れていたかなえのもとを、由起子らしき女性が訪ねてくる。しかし、それは生身の由起子ではなく、彼女の生霊だった。その日から、かなえが1人でいるときでも、大谷とセックスをしているときでも、かなえの部屋に由起子の生霊が現れるようになる。最初はおびえていたかなえだったが、次第に生霊との奇妙な共同生活が始まる。

関連するキネマ旬報の記事

2011年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:《ポルノチック》「夕闇ダリア」

2011年12月上旬号

REPORT:30代の女性監督が撮った「ポルノチック」3作品