男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブリューゲルの動く絵

  • ぶりゅーげるのうごくえ
  • The Mill and the Cross
  • The Mill and the Cross

amazon


  • 平均評点

    60.3点(78人)

  • 観たひと

    109

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル アート / ドラマ
製作国 ポーランド=スウェーデン
製作年 2011
公開年月日 2011/12/17
上映時間 96分
製作会社 Silesia Film
配給 ユーロスペース=ブロードメディア・スタジオ
レイティング PG-12
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

16世紀フランドル絵画の巨匠ブリューゲルの傑作「十字架を担うキリスト」をポーランドの鬼才レフ・マイェフスキ監督が再現。絵の中の人々の日常生活をなぞりながら、やがて名画に秘められた意味もが解き明かされてゆく。出演は「ザ・ライト エクソシストの真実」のルトガー・ハウアー、「わたしを離さないで」のシャーロット・ランプリング。

あらすじ

16世紀のフランドルの夜が明け、農村の一日が始まる。若夫婦は仔牛を売りに出かけ、岩山の風車守りの家族は風車を回し小麦を挽く。だが、のどかな村の様子とはうらはらに、支配者は異端者を無惨に迫害していた。アートコレクターのニクラース・ヨンゲリンク(マイケル・ヨーク)は画家ピーテル・ブリューゲル(ルトガー・ハウアー)に、このあり様を表現できるかと問いかける。それに応えブリューゲルが風車の回転をとめると、すべての光景がぴたりと動きをとめた。するとフランドルの風景の中にキリストや聖母マリア(シャーロット・ランプリング)らが過去から舞い戻り、聖書の「十字架を担うキリスト」の物語が始まるのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年1月下旬号

読む、映画:「ブリューゲルの動く絵」

2011年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ブリューゲルの動く絵」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ブリューゲルの動く絵」