男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

灼熱の魂

  • しゃくねつのたましい
  • INCENDIES
  • INCENDIES

amazon


  • 平均評点

    81.4点(332人)

  • 観たひと

    451

  • 観たいひと

    69

  • レビューの数

    71

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 カナダ フランス
製作年 2010
公開年月日 2011/12/17
上映時間 131分
製作会社 micro_scope
配給 アルバトロス・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) 2010 Incendies inc. (a micro_scope inc. company) - TS Productions sarl. All rights reserved.

解説

レバノン出身の劇作家ワジディ・ムアワッドの原作を「渦」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化。民族や宗派間の抗争、社会と人間の不寛容がもたらす血塗られた歴史を背景に、その理不尽な暴力の渦中にのみ込まれていったヒロインの魂の旅を描く。出演は「パラダイス・ナウ」のルブナ・アザバル、「みなさん、さようなら」のレミー・ジラール。

あらすじ

初老の中東系カナダ人女性ナワル・マルワン(ルブナ・アザバル)は、ずっと世間に背を向けるようにして生き、実の子である双子の姉弟ジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マキシム・ゴーデット)にも心を開くことがなかった。そんなどこか普通とは違う母親は、謎めいた遺言と二通の手紙を残してこの世を去った。その二通の手紙は、ジャンヌとシモンが存在すら知らされていなかった兄と父親に宛てられていた。遺言に導かれ、初めて母の祖国の地を踏んだ姉弟は、母の数奇な人生と家族の宿命を探り当てていくのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「灼熱の魂」

Kinejun Select:「灼熱の魂」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「灼熱の魂」