男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

クリスマスのその夜に

  • くりすますのそのよるに
  • HJEM TIL JUL
  • HOME FOR CHRISTMAS

amazon


  • KINENOTE Selection映画館で観る

  • 平均評点

    66.2点(115人)

  • 観たひと

    172

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 ノルウェー=ドイツ=スウェーデン
製作年 2010
公開年月日 2011/12/3
上映時間 85分
製作会社 Pandora Filmproduktion=Filmimperiet Sverige=Bulbul Films
配給 ロングライド
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) 2010 Pandora Filmproduktion GmbH

解説

クリスマス・イヴの一日を舞台に、様々な事情を抱えつつ、愛する人のもとへ帰ろうとする人々の姿を人情味あふれるタッチで描いた群像劇。出演は「ジャンク・メール」のトロン・ファウサ・アウルヴォーグ。監督は「ホルテンさんのはじめての冒険」のベント・ハーメル。原作はノルウェーの人気作家レヴィ・ヘンリクセンの短編集。

あらすじ

クリスマス・イヴを迎えたノルウェーの小さな町。結婚生活が破綻し、妻のトネ(クリスティーネ・ルイ・シュレッテバッケン)に追い出されたパウル(トロン・ファウサ・アウルヴォーグ)。サンタクロースに変装した彼は、かつての我が家に潜り込む。子供たちにプレゼントを手渡したい一心で……。パウルの友人の医師クヌート(フリチョフ・ソーハイム)は、二度と故郷に戻れないと言うコソボ出身のカップルの赤ちゃんを取り上げる。彼らの、切迫した事情に胸を痛めたクヌートは、自分でも思いがけない行動に出る……。少年のトマス(モッテン・イルセン・リースネス)は、家族とご馳走を囲むよりも、クリスマスを祝わないイスラム教徒の少女ビントゥ(サラ・ビントゥ・サコール)との時間を楽しむ。彼女の横顔をきらめく瞳で見つめながら……。カリン(ニーナ・アンドレセン=ボールド)は、不倫相手クリステン(トマス・ノールストロム)の“クリスマスが終わったら離婚する”という約束を信じていた……。今年のイヴこそ故郷に帰ると決意したのに、ヨルダン(ライダル・ソーレンセン)には電車賃さえなかった。雪の中をさまよい歩き、一台のトレーラーの前に辿り着くと、傍らに駐車してあるトラックのドアに手をかける。すぐに警報が鳴り響き、トレーラーから威勢のいい中年女性(イングン・ベアテ・オイエン)が飛び出して来るが……。一年に一度、とびきり大切なこの日に、それぞれが愛する人を求めて、それぞれの夜を迎える。だが、どこで人生のボタンをかけ違えたのか、彼らは躓いたり、立ち止まったり……。それでも少しずつ、小さな喜びを拾い上げては、再び歩き始める。今、イヴの夜が明け、それぞれがそれぞれの形で、“うち”に辿り着く。愛する人に“メリークリスマス”を言うために……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「クリスマスのその夜に」

2011年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「クリスマスのその夜に」