男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブラックサンデー

  • ぶらっくさんでー
  • Black Sunday
  • Black Sunday

amazon


  • 平均評点

    75.2点(207人)

  • 観たひと

    296

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    39

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / 社会派
製作国 アメリカ
製作年 1977
公開年月日 2011/2/5
上映時間 143分
製作会社 ロバート・エバンス・プロ作品
配給 パラマウント ピクチャーズ ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

フットボールの競技場を標的に計画をたてる地下組織と、それを阻止しようとする特殊部隊の姿を描くアクション大作。製作はロバート・エバンス、監督は「フレンチ・コネクション2」のジョン・フランケンハイマー、脚本はアーネスト・リーマン、ケネス・ロス、アイバン・モファット、原作はトーマス・ハリス(新潮社刊)、撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はジョン・ウィリアムスが各々担当。出演はロバート・ショウ、ブルース・ダーン、マルト・ケラー、ブリッツ・ウィーバー、スティーブン・キーツ、ベキム・フェーミュなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。ムービーラブカラー、パナビジョン。一九七七年作品。日本では、1977年7月23日よりCIC配給でロードショー公開される予定だったが、団体から抗議を受け、1週後の7月30日公開へと延期。その後「上映を中止しろ。無視した場合はテロで実力行使に出る」という脅迫状が劇場に届いたのを受け、公開中止が正式決定された。その後ビデオグラムでは発売され、長い間劇場未公開となっていたが、2011年「午前十時の映画祭」のラインナップとして正式公開された。

あらすじ

ベイルート。ミュンヘン・オリンピック以来、なりをひそめていた地下組織が動き出した。女指導者ダーリア(マルト・ケラー)は、次の目標をアメリカにさだめ、ベトナム帰りのパイロット、ランダー(ブルース・ダーン)を組織にスカウトすることを、仲間に提案していた。が、突然、彼らのアジトにイスラエル軍特殊攻撃隊が襲撃をかけてきた。リーダーはカバコフ少佐(ロバート・ショウ)だ。急襲の中、ダーリアは脱出に成功。だが勿論、イスラエル軍の勝利だった。アジトより発見したテープを持ち、カバコフはワシントンへ飛んだ。テープの内容は、アメリカのどこかで組織のおこす破壊計画についてなのだ。しゃべっているのは、女、ダーリアだった。一方、ダーリアもその頃アメリカに潜入し、日本の貨物船から爆薬を購入する。この情報をキャッチし、カバコフが貨物船にかけつけた時はすでに遅く、ランダーの仕掛けた爆弾に彼は危うく命を落とすところであった。カバコフは入院する。そして看護婦に化け彼を狙うダーリア。だがこれは失敗。数日後、カバコフは彼女の身元を割り出した。その頃マイアミでは、組織の仲間ファジル(ベキム・フェーミュ)がダーリアに計画の延期を強引に迫るが、そんなことには耳もかさない彼女。FBIがついに2人を発見するが、ファジルが殺られただけで、ダーリアは脱出した。だが、部屋には8万人も集まり、大統領もくるフットボール試合“スーパーボウル”の案内状があった。組織の標的だ。当日、厳重な警備体制の中、試合は開始された。一方、ダーリアとマイケルを乗せた飛行船は競技場へ向かう。カバコフもそれに気づきヘリコプターで追い、2人に銃弾をあびせかけた。だが、飛行船は飛び続ける。カバコフはヘリコプターより飛行船に飛びうつり、ロープをつなぐと、ヘリコプターに戻った。これで飛行船を海上までひっばっていけば……。血まみれのマイケルが爆弾に点火した。一瞬火の玉と化す飛行船。しかし、そこはもうマイアミの青い海の上だった。今、「ブラック・サンデー」は終った。

関連するキネマ旬報の記事

2012年2月下旬決算特別号

第二回 午前十時の映画祭:「ブラック・サンデー」「ナバロンの要塞」

1977年8月上旬号

外国映画紹介:ブラック・サンデー

1977年7月上旬夏の特別号

特別カラー・グラビア:「ブラック・サンデー」

グラビア:「ブラック・サンデー」

特集 「ブラック・サンデー」:1 座談会 スリルとサスペンスを乗せて「ブラック・サンデー」がやってきた 池波正太郎×望月三起也×宇田川幸洋

特集 「ブラック・サンデー」:2 J・フランケンハイマー監督へのインタビュー 「ブラック・サンデー」は史上最高の冒険映画だ

特集 「ブラック・サンデー」:シナリオ