男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン

  • おぺらざのかいじんにじゅうごしゅうねんきねんこうえんいんろんどん
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    90.1点(132人)

  • 観たひと

    181

  • 観たいひと

    132

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル ミュージカル / ラブロマンス
製作国 イギリス
製作年 2011
公開年月日 2011/10/21
上映時間 162分
製作会社
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

「エビータ」のアンドリュー・ロイド・ウェバー作曲の人気ミュージカル上演25周年を記念して、2011年10月、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われる公演を映像化。ロマンチックな音楽に彩られた究極のラブストーリーを、記念公演のために用意された舞台セットや特殊効果など、絢爛豪華な演出で描く。

あらすじ

19世紀中頃のパリ・オペラ座では、“オペラ座の怪人”の仕業とされる奇怪な事件が発生し、人々を震撼させていた。オペラ座の地下深くに住んでいた怪人(ラミン・カリムルー)は、醜く歪んだ顔を仮面に隠していた。コーラスガールのクリスティーヌ(シエラ・ボーゲス)に心を寄せた怪人は、“音楽の天使”として夜ごと彼女に近づき、歌を教える。怪人はクリスティーヌをプリマドンナに仕立て上げ、自分の音楽を歌わせようと考えていた。しかしクリスティーヌは、幼なじみのラウル子爵と再会する。クリスティーヌと子爵が愛し合うようになったことを知った怪人は、嫉妬に狂う。

関連するキネマ旬報の記事