男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アーサー・クリスマスの大冒険

  • あーさーくりすますのだいぼうけん
  • Arthur Christmas
  • Arthur Christmas


  • VODで観る

  • 平均評点

    70.6点(54人)

  • 観たひと

    98

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル アニメーション / ファミリー
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2011/11/23
上映時間 104分
製作会社 Aardman Animations=Sony Pictures Animation
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声 不明
上映フォーマット D-Cinema(3D)

スタッフ

キャスト

解説

クリスマスプレゼントを配り忘れた子どもにプレゼントを届けるために、サンタクロースの次男が冒険の旅に出るアニメーション。声の出演は「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のジェームズ・マカヴォイ、『Dr.HOUSE』のヒュー・ローリー。「ウォレスとグルミット」シリーズのアードマン・アニメーションズが制作。

あらすじ

“サンタさんはどうやってクリスマスプレゼントを世界中の子供たちに一晩で配れるの?” すべての子供が抱く疑問だが、実は北極の氷の下にあるオペレーションセンターで、100万人の妖精たちが超ハイテク“そり”を使って世界中にプレゼントを届けていたのだ。しかし、どんなハイテクにも落とし穴があるもので……。世界中の子どものうち、たった1人にプレゼントを配達できなかったのだ。サンタ(声:ジム・ブロードベント)と彼の超エリートの息子スティーブ(声:ヒュー・ローリー)には“仕方ないミス”だった。しかし、末っ子のアーサー・クリスマス(声:ジェームズ・マカヴォイ)にとっては耐えがたいものだった。かくして、クリスマスの夜が明けるまでの2時間で、彼は地球の反対側にある子どもの家にプレゼントを届けることを決意する。果たして彼は無事にプレゼントを届けることができるのだろうか!?

関連するキネマ旬報の記事

2011年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「アーサー・クリスマスの大冒険」

2011年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「アーサー・クリスマスの大冒険」

アードマンらしさを活かした3DCGアニメ最新作「アーサー・クリスマスの大冒険」: