男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース

  • れあえくすぽーつとらわれのさんたくろーす
  • RARE EXPORTS: A CHRISTMAS TALE
  • RARE EXPORTS: A CHRISTMAS TALE

amazon


  • 平均評点

    60.6点(47人)

  • 観たひと

    71

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ホラー / ファンタジー
製作国 フィンランド
製作年 2010
公開年月日 2011/10/8
上映時間 80分
製作会社 Agnes b. Productions=Cinet=Davaj Film=FilmCamp=Filmpool Nord=Love Streams Productions=Yleisradio
配給 アース・スターエンターテイメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

クリスマス・イヴを迎えた北フィンランドの田舎町を舞台に、サンタクロースに絡む奇妙な事件に遭遇する少年の姿を描くアドベンチャー。監督・脚本はフィンランドの新鋭ヤルマリ・ヘランダー。

あらすじ

クリスマス・イヴを迎えた北フィンランド。クリスマスムードで賑わう町中とはほど遠い山村で、サンタを恐ろしい存在だと信じる少年ピエタリ(オンニ・トンミラ)は、トナカイ猟を営む厳格な父親ラウノ(ヨルマ・トンミラ)と寂しく過ごしていた。そんな中、「考古学上の発掘作業」の名目で国境付近の山に封印されたという“本物のサンタクロース”が多国籍企業の社長の手によって掘り起こされた。実はこのサンタクロース、町の子供たちが歓迎するいわゆる普通のサンタクロースではなかった。発掘後、地元の子供たち全員が次々と失踪、そしてトナカイの大量死など奇妙な事件が後を絶たない。これは一体誰の仕業なのか。ピエタリと大人たちは町を守ろうと一攫千金狙いの多国籍企業、サンタ相手に戦いを挑むのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年11月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批:「レア・エクスポーツ~囚われのサンタクロース~」

2011年10月下旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「レア・エクスポーツ~囚われのサンタクロース~」