男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

夏の終止符

  • なつのしゅうしふ
  • Как я провёл этим летом
  • How I Ended This Summer

amazon


  • 平均評点

    62.3点(10人)

  • 観たひと

    22

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 ロシア
製作年 2010
公開年月日 2011/8/13
上映時間 124分
製作会社 Koktebel Film Company=TV Channel Russia
配給 熱帯美術館(配給協力 グアパ・グアボ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演グリゴリー・ドブリギン Pavel Danilov
セルゲイ・ブスケバリス Sergei Gulybin
出演(声)イゴール・チェルネビッチ Nikolai Safronov (voice)

解説

ロシアの辺境の島にある放射線観測所を舞台に、不信から生まれた男たちの悪夢のような体験を描く人間ドラマ。監督はロシア出身のアレクセイ・ポポグレブスキー。2010年ベルリン国際映画祭銀熊賞(男優賞、芸術貢献賞)受賞作。2011年8月13日より、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催された「三大映画祭週間 2011」にて上映。

あらすじ

ロシアの北極圏辺境の島の気象観測所で二人の男が黙々と働いていた。彼らの仕事は定期的に周囲の放射能を測定し、そのデータを本庁に通信することだった。それこそが彼らと外界を繋ぐたった一つの手段だった。長年、孤独な環境の中、ここで働くセルゲイ(セルゲイ・ブスケバリス)はこの仕事を非常に重要なものとして捉えていたが、一方、彼の新しいパートナー、バベル(グリゴリー・ドブリギン)はこの夏を観測所で過ごすことで申請してきた新人だった。ある日、セルゲイはバベルに観測を任せて、鱒釣りに出かけた。未熟なバベルは観測時間を逃した上、それを埋め合わせるために嘘の記録を作ってしまう。しかも、さらに悪いことに、本庁からはセルゲイ宛に悪い知らせが届けられてた。すっかり不安になったバベルは、戻ってきたセルゲイにそれら酷いニュースを伝えることが出来ない。しかし、真実はやがてセルゲイの知るところとなり、薄い霧とそそり立つ岩、砕ける波と容赦ない北極海が取り巻く荒涼とした土地で必然の結果が二人を待っていた。

関連するキネマ旬報の記事

2011年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「三大映画祭週間2011」