男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ゲーテの恋 君に捧ぐ『若きウェルテルの悩み』

  • げーてのこいきみにささぐわかきうぇるてるのなやみ
  • GOETHE!
  • GOETHE!

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.6点(68人)

  • 観たひと

    97

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル ラブロマンス / 文芸
製作国 ドイツ
製作年 2010
公開年月日 2011/10/29
上映時間 100分
製作会社 Senator Film Produktion=deutschfilm GmbH= Warner Bros. Film Productions Germany=Seven Pictures=Erfttal Film=Goldkind Filmproduktion=herbX film GmbH=Magnolia Filmproduktion=Summer Storm Entertainment=CC Medien
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 ドルビーSRD/ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ドイツの文豪ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』に秘められた、儚く可憐な恋物語を描く「アイガー北壁」のフィリップ・シュテルツェル監督作。出演は「イングロリアス・バスターズ」のアレクサンダー・フェーリング、長編劇場映画初出演のミリアム・シュタイン、「ソウル・キッチン」のモーリッツ・ブライブトロイ。

あらすじ

1772年、ドイツ。法律を学ぶヨハン・ゲーテ(アレクサンダー・フェーリング)は、博士号取得の試験を受けるが、不遜な態度を非難され不合格、父親から田舎町ヴェッツラーの裁判所で実習生として働くように命じられる。上司のケストナー参事官(モーリッツ・ブライブトロイ)は、初対面からゲーテに厳しく接するが、陽気で自由奔放なゲーテは、同僚のイェルーザレムとすぐに仲良くなり、舞踏会へと繰り出し、そこでシャルロッテ・ブッフ(ミリアム・シュタイン)と出逢う。ある日、ゲーテは礼拝堂のミサで柔らかな朝の光に包まれて歌うロッテに再会、彼はその瞬間、まっさかさまに恋に落ちた。イェルーザレムと遠乗りに出かけたゲーテは、気が付けば、ロッテの住むヴァールハイムへ向かっていた。ロッテの妹や弟たちと庭を駆け回り、ピアノを弾き、共に歌い、すっかり打ち解けて楽しい時間を過ごすゲーテとロッテ。歌が得意で戯曲を愛し、舞台に立つことを夢見るロッテと作家になることを諦めきれないゲーテは、魂の深い部分でも共鳴し合うのだった。そんな折、ゲーテはロッテの強引な頼みに負けて、自作の詩を暗唱する。ロッテは感銘を受け、自信を失くしていたゲーテを心から励ます。翌日、ケストナー参事官がブッフ家を訪れる。ロッテを見そめたケストナーは、彼女の父に縁談を申し込んでいた。ロッテの心はゲーテの想いでいっぱいだったが、この縁組で家は安泰、弟たちも学校へ行けるというのだ。一方、優秀な仕事ぶりで、ケストナーに高く評価されたゲーテは、ケストナーからのプロポーズの言葉を相談される。まさか相手がロッテとも知らず、ロマンティックな台詞をアドバイスするゲーテ。ケストナーはゲーテの教えどおりロッテに求婚、ロッテは泣きながら承諾する……。ゲーテは何日もかけて作ったロッテの大好きな戯曲「エミーリア・ガロッティ」の紙劇場を届けるが、そこではロッテとケストナーの婚約祝賀会が開かれていた。打ちのめされたゲーテに追いうちをかける、人妻との恋に破れたイェルーザレムの自殺。ゲーテは猛然と小説を書き上げ、ロッテに贈る。「若きウェルテルの悩み」という題名のその物語を読み終えたロッテは、ある決意を胸にゲーテのもとへ向かうのだが……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年5月上旬号

DVDコレクション 「ゲーテの恋」:「ゲーテの恋」

2011年11月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ゲーテの恋~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~」

2011年11月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ゲーテの恋~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~」