男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スピーク

  • すぴーく
  • THE SPEAK
  • THE SPEAK

amazon


  • 平均評点

    41.7点(28人)

  • 観たひと

    36

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ホラー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2011/10/1
上映時間 83分
製作会社 Quorum Entertainment
配給 ブロードメディア・スタジオ=カルチュア・パブリッシャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

解説

呪われたホテルの廃墟を訪れた映画撮影隊が体験する恐怖を描くPOV(主観撮影)方式のフェイク・ドキュメンタリー。出演は「ワンス・アンド・フォーエバー」のスティーヴン・ネルソン、「プライベート・ライアン」のトム・サイズモア。「ロープ」のような“全編ワンシーン・ワンカット”風の映像で構成されている。

あらすじ

売れない映画監督のシェリー(スティーヴン・ネルソン)は、オレゴン州の呪われたホテル“ドン・パーク・ホテル”の廃墟を訪れる。巻き返しを狙って、潜入ルポ形式の恐怖ドキュメンタリーを撮影するためだった。メンバーは恋人兼プロデューサーのペイジ(クリスティーナ・アナパウ)、カメラマン担当の弟ルイス(マイケル・クリンガー)、音響担当のジャクソン(ブレット・ドノフー)とその恋人エルサ(ウナ・ジョー・ブレイド)、そしてアメリカ先住民の霊媒師の血を引き、降霊の儀式を行う美女マリア(ティナ・カスチアーニ)の合計6人。ホテル管理人ドイル(トム・サイズモア)の忠告を無視して、一行はひっそり佇むホテルに足を踏み入れてゆく。そこは、長らく放置され、不気味な雰囲気を漂わせていた。マリアが儀式の場所を探す間、ペイジはカメラに向かって血塗られたホテルの歴史を語り始める。19世紀にこのホテルを買った町長が妻と弟を惨殺し、自らも首を吊ったこと。その後、オーナーになった女性が屋上から謎の転落死を遂げたこと。さらに精神病院に改装された1940年代には、患者への残虐行為を行なった職員が死刑になったこと……。不安を口にするマリアを、シェリーが説得。全員が小さな部屋に集まり、蝋燭の灯りを囲んで“スピーク”と呼ばれる降霊の儀式が始まる。儀式は成功し、役割を終えたマリアはその場を立ち去ろうとするが、なぜか出口が閉ざされ、外部と遮断されてしまう。一同が凍りつく中、一人勢いづくシェリー。だが、彼も姿なきカラスの羽ばたきを耳にして、パニックに陥る。そして次々と発生する異常な事件。何者かに首を絞められて無残に息絶えるエルサ。ジャクソンは、何かに取り憑かれたように凶暴な振る舞いを見せ始める。命の危険を感じ、一行は脱出ルートである屋上を目指す。おどろおどろしい子供の泣き声のする廊下を歩き、地獄のような迷宮の奥深くへと進んでゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年10月下旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「スピーク」

2011年10月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「スピーク」