男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エッセンシャル・キリング

  • えっせんしゃるきりんぐ
  • ESSENTIAL KILLING
  • ESSENTIAL KILLING

amazon


  • 平均評点

    69.0点(146人)

  • 観たひと

    232

  • 観たいひと

    37

  • レビューの数

    34

基本情報

ジャンル アクション / アート
製作国 ポーランド ノルウェー アイルランド ハンガリー
製作年 2010
公開年月日 2011/7/30
上映時間 83分
製作会社 Skopia Film=Recorded Picture Company (RPC)=Element Pictures= Mythberg Films=Cylinder Production
配給 紀伊國屋書店=マーメイドフィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

米軍に追われるアラブ人兵士の逃走劇を描くサバイバル・アクション。イスラエル、ポーランド、ノルウェーの壮大な風景描写が見どころ。監督は「アンナと過ごした4日間」のイェジー・スコリモフスキー。出演は「バッファロー’66」のヴィンセント・ギャロ。第67回ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞・主演男優賞受賞。

あらすじ

上空をアメリカ軍のヘリコプターが飛行し、地上ではアメリカ兵が偵察活動を行っているアフガニスタンの荒涼とした大地。ひとり洞窟に潜んでいたムハンマド(ヴィンセント・ギャロ)は、手に持ったバズーカでアメリカ兵を吹き飛ばして逃走する。ヘリコプターはムハンマドを追い、攻撃する。倒れたムハンマドは爆音で一時的に聴力を失くし、アメリカ軍の捕虜となる。収容所に連行されたムハンマドは、激しい拷問を受ける。さらに軍用機で別の場所に移送され、護送車で移動していたとき、深夜の山道で動物を避けそこなった車が、崖から転落するという事故に巻き込まれる。ムハンマドは、事故の混乱に乗じて逃亡を計る。民間人を殺して車を奪い、手錠を外したムハンマドは、雪に閉ざされた深い森に逃げ込む。どこまでも続く森を逃走する間も、上空にはヘリコプターが旋回し、追っ手がムハンマドの後を追っていた。深夜、故郷にいる妻と子供の姿を夢に見たムハンマドは、蟻や木の幹を食べ、製材業者のトラックにただ乗りし、木の実を食べ、襲った女の母乳を吸って、やみくもに逃げ続ける。やがて、森の中の1軒の家に辿りつく。ムハンマドは、入口で倒れる。その家でひとり暮らしている女マーガレット(エマニュエル・セニエ)は、彼を家に入れ介抱する。翌朝、女はムハンマドに馬を与え、無言で見送る。

関連するキネマ旬報の記事

2011年8月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「エッセンシャル・キリング」

読む、映画:「エッセンシャル・キリング」

2011年8月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「エッセンシャル・キリング」

「エッセンシャル・キリング」:地獄と天国のはざまで繰り広げられる 必死の逃走=闘争劇

「エッセンシャル・キリング」:イエジー・スコリモフスキ監督インタビュー 「人間が野生化していくプロセスを描いた」