男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ツリー・オブ・ライフ

  • つりーおぶらいふ
  • THE TREE OF LIFE
  • THE TREE OF LIFE

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    60.2点(534人)

  • 観たひと

    824

  • 観たいひと

    76

  • レビューの数

    92

基本情報

ジャンル ドラマ / 社会派
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2011/8/12
上映時間 138分
製作会社 Cottonwood Pictures=Plan B Entertainment=River Road Entertainment
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

1950年代のテキサスを舞台に、厳格な父と優しい母との間で葛藤しながら成長した男の40年に渡る家族の物語を描く。監督は、「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック。出演は、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のブラッド・ピット、「ミルク」のショーン・ペン。第64回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞。

あらすじ

ジャック・オブライエン(ショーン・ペン)は実業家として成功していたが、人生の岐路に立つ。そして深い喪失感のなか、少年時代を回想する。1950年代半ばの中央テキサスの小さな田舎町で、幸せな結婚生活を送るオブライエン夫妻とジャック、2人の弟たち。一見平穏に見える家庭だったが、ジャックにとって心安らぐ場ではなかった。社会的な成功と富を求める父(ブラッド・ピット)は、力こそがすべてだと考える厳格な男で、母(ジェシカ・チャステイン)は自然を愛で、慈愛に満ちた心で子供たちを包み込む優しい女だった。11歳のジャックはそんな両親の狭間で2つに引き裂かれ、葛藤していた。父に反感を抱きながら、父に似た成功への渇望や力への衝動を感じ、暗黒の淵に囚われそうになるジャック。そんな彼を光のさす場所にとどめたのはなんだったのか、数十年の時間を経て思いを巡らすとき、すべてを乗り越えつながり続ける家族の姿に、過去から未来へと受け継がれる生命の連鎖を見出す。

関連するキネマ旬報の記事

2011年9月下旬特別号

読む、映画:「ツリー・オブ・ライフ」

2011年9月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ツリー・オブ・ライフ」

2011年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ツリー・オブ・ライフ」

巻頭特集 家族という幻視 テレンス・マリックの壮大「ツリー・オブ・ライフ」:アメリカという“私”を見つめ続ける

巻頭特集 家族という幻視 テレンス・マリックの壮大「ツリー・オブ・ライフ」:インタビュー ブラッド・ピット 家族と宇宙の起源

巻頭特集 家族という幻視 テレンス・マリックの壮大「ツリー・オブ・ライフ」:対談 テレンス・マリックという麻薬 宇田川幸洋×秋本鉄次