男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

BIUTIFUL ビューティフル

  • びゅーてぃふる
  • BIUTIFUL
  • BIUTIFUL

amazon


  • 平均評点

    72.9点(288人)

  • 観たひと

    434

  • 観たいひと

    72

  • レビューの数

    43

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 スペイン メキシコ
製作年 2010
公開年月日 2011/6/25
上映時間 148分
製作会社 Menageatroz=Mod Producciones
配給 ファントムフィルム
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

バルセロナの闇社会で生きる男が余命2ヶ月と知らされ、子供たちのために奮起する姿を描く感動の人間ドラマ。監督は、「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。出演は、「ノーカントリー」のハビエル・バルデム。第63回カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞、アカデミー賞主演男優賞・外国語映画賞ノミネート。

あらすじ

スペイン・バルセロナ。その華やかな大都市の片隅で、厳しい現実と日々対峙して生きているウスバル(ハビエル・バルデム)は、離婚した情緒不安定で薬物中毒の妻を支えながら、2人の幼い子供たちと暮らしている。決して裕福とはいえず、生活のためにあらゆる仕事を請け負っていたウスバルは、ときには麻薬取引、中国人移民への不法労働の手配など非合法な闇の仕事も厭わない。しかし、争いごとの絶えない日々のなか、ウスバルはしばしば罪の意識を覚えていた。ある日、ウスバルは末期がんであることがわかり、余命2ヶ月を宣告される。ウスバルは家族に打ち明けることもできず、死の恐怖と闘いながらも、残された時間を家族の愛を取り戻すために生きることを決意する。

関連するキネマ旬報の記事

2011年8月上旬号

読む、映画:「BIUTIFUL ビューティフル」

2011年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「BIUTIFUL ビューティフル」

2011年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「BIUTIFUL ビューティフル」

Kinejun Select:「BIUTIFUL ビューティフル」

臨時増刊6月10日号 KINEJUN next vol.03

特集 洋画サイコー:最新洋画一挙紹介!「赤ずきん」「クロエ」「ジュリエットからの手紙」「ブラック・スワン」「水曜日のエミリア」「アジャストメント」「ラスト・ターゲット」「127時間」「BIUTIFUL ビューティフル」「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」「テンペスト」