男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ソリタリー・マン

  • そりたりーまん
  • SOLITARY MAN
  • SOLITARY MAN

amazon


  • 平均評点

    54.3点(37人)

  • 観たひと

    62

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2009
公開年月日 2011/6/4
上映時間 90分
製作会社 Millennium Films=Smartest Man Productions
配給 ファインフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

奔放に生きてきたカーディーラーが、交際相手の娘に手を出したことから転落していく悲哀を描くドラマ。出演は、「ウォール・ストリート」のマイケル・ダグラス、「テルマ&ルイーズ」のスーザン・サランドン。・脚本・監督は、「オーシャンズ13」の脚本家コンビ、ブライアン・コペルマンとデイヴィッド・レヴィーン。

あらすじ

50代後半のニューヨーカー、ベン・カルメン(マイケル・ダグラス)は我が道を行く無類の女好きで、かつては大成功を収め、なんでも手に入れてきたカーディーラーだった。大学時代からの恋人ナンシー(スーザン・サランドン)と結婚したが、現在は離婚している。しかし娘のスーザンと、最愛の孫に会うことは許されている。ベンの現在の恋人ジョーダン(メアリー=ルイーズ・パーカー)は、大手自動車メーカーの役員を父に持ち、甚大なコネを持っている。しかしカムバックのタイミングを狙っていたベンが、欲望を抑えきれず手を出してしまったのは、ジョーダンの娘アリソンだった。2人の関係はジョーダンの知るところとなり、ベンは仕事も私生活もすべてを失う。それだけでなく、アリソンを忘れられないベンは、娘の友人にまで手を出してしまうのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2011年7月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ソリタリー・マン」

2011年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ソリタリー・マン」