男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

愛の勝利を ムッソリーニを愛した女

  • あいのしょうりをむっそりーにをあいしたおんな
  • VINCERE
  • VINCERE

amazon


  • 平均評点

    73.4点(71人)

  • 観たひと

    99

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ドラマ / 歴史劇
製作国 イタリア フランス
製作年 2009
公開年月日 2011/5/28
上映時間 128分
製作会社 Offside=Rai Cinema=Celluloid Dreams
配給 エスピーオー
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

イタリアを第二次世界大戦へと導いた悪名高き独裁者ムッソリーニ。若き日の彼を支えた女性イーダとムッソリーニの愛、やがて訪れる別れを描く。イーダを演じたのは「コレラの時代の愛」のジョヴァンナ・メッツォジョルノ。その熱演は高く評価され、全米批評家協会賞主演女優賞ほか、多数受賞。カンヌ映画祭コンペ部門出品作。

あらすじ

20世紀前半、イタリアに独裁政権を築き、歴史上ヒトラーと並び称される独裁者ベニート・ムッソリーニ(フィリッポ・ティーミ)。その陰には、イーダ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)という一人の女性の存在があった。熱心な社会主義者だった若きムッソリーニと恋に落ちたイーダは、全財産を投げ打って彼の理想の実現のために尽くす。身も心もすべてを捧げたイーダは、やがて彼の子供を産む。だが、この時初めて、ムッソリーニがすでに家庭を持つ身だったことを知る。自分が彼の妻であり、息子がムッソリーニの長男であることを認めさせようとするイーダ。だが、イタリア国内でムッソリーニの支持率が急上昇していく過程で、彼女は危険人物として排除されようとしていた……。やがてファシストへと転向してゆくムッソリーニ。最愛の人から裏切られながらも人生を賭けて、信念を貫きとおすイーダの波乱に満ちた人生。歴史の闇に葬られた、愛の物語がいま明らかになる。

関連するキネマ旬報の記事

臨時増刊6月10日号 KINEJUN next vol.03

特集 洋画サイコー:最新洋画一挙紹介!「赤ずきん」「クロエ」「ジュリエットからの手紙」「ブラック・スワン」「水曜日のエミリア」「アジャストメント」「ラスト・ターゲット」「127時間」「BIUTIFUL ビューティフル」「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」「テンペスト」

2011年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」

特集「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」:国家の夢は一つになること、個人の夢は二人でいること

特集「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」:「演出とは、決して自然なものではない」(2010年4月30日、マルコ・ベロッキオ特別講義より抜粋 司会:土田環)

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」