男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

Abed 二十歳の恋

  • あべっどはたちのこい
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    0

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 未公開
上映時間 100分
製作会社 Abed film partners
配給 カーナージャパン・オルトシネマ
レイティング 不明
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 ステレオ
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督木村有理子:(「なつめ」)
成冨佳代:(「陽子」)
才士真司:(「アケミ」)
サイ郷通範:(「貴子」)
三宅伸行:(「未來」)
脚本才士真司 
原案才士真司 
プロデューサー才士真司 
共同プロデューサー田中慎一 

キャスト

出演永田彬「なつめ」東来
Erina「なつめ」
田島令子「なつめ」東来の母
鈴木雄貴「なつめ」「陽子」「貴子」「未來」
田村愛「なつめ」「アケミ」
竹厚綾「陽子」陽子
松本素生「陽子」「貴子」「未來」八田
木ノ本嶺浩「アケミ」ヨウゾウ
落合モトキ「アケミ」アタル
高梨臨「アケミ」未來
宮崎美穂「アケミ」アケミ
真野恵里菜「貴子」「未來」南貴子
熊井幸平「貴子」足立和哉
小谷建仁「貴子」「未來」雅弘

解説

「犬を撃つ」がカンヌ国際映画祭シネフオンダシオン部門に出品された木村有理子を始めとした5人の若手監督が、“二十歳の恋”をテーマにメガホンをとったオムニバス映画。「怪談新耳袋 怪奇」の真野恵里菜、「仮面ライダーW」の木ノ本嶺浩、「侍戦隊シンケンジャー」高梨臨など、注目の若手俳優陣が顔を揃えた。2011年4月16日公開だったが東日本関東大震災の影響で公開延期。

あらすじ

<エピソード1:なつめ>年下の恋人、棗(Erina)と交際する26歳の駆け出しライター東来(永田彬)。母親(田島令子)が上京してくることになり、泊まっていた棗を追い返そうとするが、彼女は帰ろうとしない。母親に紹介することも考えたものの、彼女が20歳であることに躊躇いを感じてしまう。母親を迎えに向かう途中、同世代の恋人とその両親の別れ際に遭遇する東来。一方、棗は東来との生活に思いを巡らしていた。<エピソード2:陽子>夫は蒸発、ひとり娘の美樹は自身の素行を理由に施設に引き取られているアルコール依存症の陽子(竹厚綾)。2ヶ月に一度の美樹の帰宅前夜、バーに繰り出した陽子は、見知らぬ男(松本素生)と一夜を共にしてしまう。二日酔いで帰宅した彼女を待っていたのは弟の充(鈴木雄貴)。再会した充と貴子の互いに対する思いが明らかになる。<エピソード3:アケミ>ヨウゾウ(木ノ本嶺浩)が部屋に、友人アタル(落合モトキ)の彼女アケミ(宮崎美穂)を連れ込んだ翌朝。突然、アタルがヨウゾウの彼女の未來(高梨臨)を連れて現れる。騒ぎになるものの、頑として浮気を認めないアケミ。実はヨウゾウとアケミ、未來は中学からの同級生だという。ヨウゾウを通じてアケミと付き合うようになったアタルだが、3人の関係に困惑する。<エピソード4:貴子>地方大学に通う貴子(真野恵里菜)の部屋の電話が深夜に鳴る。不安に駆られ、東京の実家へ急ぐ貴子。帰宅すると母親が倒れ、発達障害の兄、雅弘(小谷建仁)が冷たくなった母親を温めていた。貴子は、家族を捨てて愛人のもとに走った父親の暮らす街へ向かう。だが、本当に責められるべきは、父に捨てられた母親と兄を煙たがり、2人を置いて出て行った自分自身だと知り……。<エピソード5:未來>八田(松本素生)が友人の結婚式に向かう途中、キャバクラ嬢の未來(高梨臨)から電話が入る。来店を促す営業電話だったが、八田は喜んで応じる。式を終えて未來に電話をした八田に、彼女の言葉が突き刺さる。そのとき、彼の中で何かが壊れた……。

関連するキネマ旬報の記事