男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

  • いぐじっとするーざぎふとしょっぷ
  • EXIT THROUGH THE GIFT SHOP
  • EXIT THROUGH THE GIFT SHOP

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    77.4点(163人)

  • 観たひと

    248

  • 観たいひと

    30

  • レビューの数

    27

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / アート / 社会派
製作国 アメリカ イギリス
製作年 2010
公開年月日 2011/7/16
上映時間 90分
製作会社 Paranoid Pictures
配給 パルコ=アップリンク
レイティング 不明
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

解説

名前以外のプロフィールやその姿を一切世間に明かしていないイギリス出身のストリート・アーティスト、バンクシーによる初監督作。アート業界の真実をユーモラスに抉り出し、第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた。ナレーションは「ミスター・ノーバディ」のリス・エヴァンス。世界のグラフィティ・アーティストを撮影し続けた男、ティエリー・グエッタは、誰も接触する事ができなかったバンクシーを偶然撮影できるようになり、彼の映画は完成する。ところが、バンクシーの発した一言でバンクシー自身も想像しなかった事態に発展。ティエリーは、アーティスト“ミスター・ブレイン・ウォッシュ”としてロサンゼル最大の新聞LA Weeklyの表紙を飾りエキシビションを開催するのだった。全ては仕組まれたことなのか、偶然なのか、あるいはバンクシーの言うようにこれが100%リアルな事なのか……。

あらすじ

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

関連するキネマ旬報の記事

2011年8月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」

読む、映画:「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」

2011年7月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」