男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団

  • すこっとぴるぐりむぶいえすじゃあくなもとかれぐんだん
  • SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD
  • SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD

amazon


  • 平均評点

    67.5点(283人)

  • 観たひと

    457

  • 観たいひと

    45

  • レビューの数

    40

基本情報

ジャンル アクション / ラブロマンス
製作国 アメリカ イギリス カナダ
製作年 2010
公開年月日 2011/4/29
上映時間 112分
製作会社 Universal Pictures=Marc Platt Productions=Big Talk Productions=Closed on Mondays Entertainment=Relativity Media=Scott Pilgrim Productions
配給 アステア=パルコ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライト監督が、ゲームやアニメーションのテイストを取り入れて人気コミックを映画化。冴えないアマチュアミュージシャンのスコット・ピルグリムが、恋した女性のハートを射止めるために、7人の元カレ軍団と戦う。主演は「JUNO/ジュノ」のマイケル・セラ。

あらすじ

カナダのトロントに住む22歳無職のスコット・ピルグリム(マイケル・セラ)は、3人編成のアマチュアロックバンド、セックス・ボブオムのベーシスト。17歳の中国人高校生ナイブス(エレン・ウォン)と付き合っていたスコットだったが、ある日、夢に見た女性ラモーナ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)と出会い、恋に落ちてしまう。バンドは、クラッシュ&ボーイズとのバンドバトルに向けて練習に励んでいたが、恋するスコットは上の空。ナイブスとの高校生っぽいデートの最中も頭の中にあるのはラモーナのことばかり。そしてついに実現するラモーナとの初デート。バトル当日、会場には、ルームメートのウォレス(キーラン・カルキン)、しっかり者の妹ステイシー(アナ・ケンドリック)、ナイブス、ラモーナらが応援に駆けつける。だが、セックス・ボブオムの演奏最中に突然乱入してきたのはラモーナの最初の邪悪な元カレ、マシュー・パテル(サティヤ・バーバー)。攻撃を受けたスコットは、驚きながらもとっさに反撃。マシューを倒し、バンドバトルにも勝利する。だが、これはほんの始まりに過ぎなかった。ラモーナと結ばれるためには、7人の邪悪な元カレ全員を倒さなくてはならなかったのだ。2番目、3番目と次々に現れる邪悪な元カレ軍団。いずれも個性的な技を用いて戦いを挑んでくるが、ラモーナの協力もあり、苦戦しながらも勝利を重ねるスコット。やがて6人の元カレを倒したスコットの前に現れたのは、有名音楽プロデューサーのGマンことギデオン(ジェイソン・シュワルツマン)。ここでラモーナは心変わりを見せて、ギデオンの元へ。実は彼こそが最後の邪悪な元カレであり、軍団を組織した黒幕だったのだ。果たしてスコットは、最強の敵ギデオンを倒し、ラモーナとの恋を成就させることができるのか?

関連するキネマ旬報の記事

2011年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」

2011年5月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団」