男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブルーバレンタイン

  • ぶるーばれんたいん
  • BLUE VALENTINE
  • BLUE VALENTINE

amazon


  • 平均評点

    76.1点(562人)

  • 観たひと

    901

  • 観たいひと

    155

  • レビューの数

    71

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2011/4/23
上映時間 112分
製作会社 Hunting Lane Films=Silverwood Films
配給 クロックワークス
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

あるカップルの出会いから結婚、破局までを、過去と現在を交錯させながら描くラヴストーリー。監督・脚本はデビュー作『BROTHER TIED』が“視覚表現の天才”と評され話題を呼んだデレク・シアンフランス。出演は「ラースと、その彼女」のライアン・ゴズリング、「シャッター アイランド」のミシェル・ウィリアムズ、「ファイナル・デス・ゲーム」のマイク・ヴォーゲル。

あらすじ

ディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)の夫婦は、娘のフランキー(フェイス・ウラディカ)との3人暮らし。長年の勉強の末、資格を取って病院で忙しく働く妻・シンディに対し、夫・ディーンの仕事は芳しくない。お互い相手に対し不満を抱えているが、口に出せば平和な生活が壊れてしまうことも知っている。出会った頃の二人は若く、夢があった。お互いに相手に夢中で毎日が輝いていた幸せな日々……。そんな二人の過去と現在が交錯しながら、愛の終わりと誕生が重なり合う……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年10月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「ブルーバレンタイン」

2011年6月上旬号

読む、映画:「ブルーバレンタイン」

2011年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ブルーバレンタイン」

2011年5月上旬号

試される家族:「ブルーバレンタイン」作品評

UPCOMING 新作紹介:「ブルーバレンタイン」