男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

キッズ・オールライト

  • きっずおーるらいと
  • THE KIDS ARE ALL RIGHT
  • THE KIDS ARE ALL RIGHT

amazon


  • 平均評点

    71.3点(301人)

  • 観たひと

    487

  • 観たいひと

    51

  • レビューの数

    36

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2011/4/29
上映時間 107分
製作会社 Mandalay Vision=Saint Aire Production=10th Hole Productions=Antidote Films=Artist International Management=Artist International=Gilbert Films=UGC PH
配給 ショウゲート
レイティング 不明
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ある風変わりな家族を通し、愛や家族の本質を見つめる人間ドラマ。監督・脚本は「しあわせの法則」のリサ・チョロデンコ。出演は「愛する人」のアネット・ベニング、「シングルマン」のジュリアン・ムーア、「シャッター アイランド」のマーク・ラファロ、「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ、「ダレン・シャン」のジョシュ・ハッチャーソン。

あらすじ

18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)は、自分の母親ニック(アネット・ベニング)、同じ父親を持つ15歳の弟・レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)、そしてレイザーの母親ジュールス(ジュリアン・ムーア)の4人暮らし。ママ二人と姉弟という家族で、仲良く、楽しく愛情に満ちた生活を送っている。しかし、大学進学のための一人暮らしを機にジョニは、まだ会ったことのない自分たちの医学上の父親・ポール(マーク・ラファロ)に興味を持ち、レイザーと共にこっそり会いに行くことに。オーガニックレストランを経営し、気ままな独身生活をするポールに親しみを感じた二人。しかし、ニックとジュールスにもポールのことがばれたことから、家族に少し異変が起き始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「キッズ・オールライト」

2011年5月上旬号

試される家族:「キッズ・オールライト」作品評

UPCOMING 新作紹介:「キッズ・オールライト」