男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ビー・デビル

  • びーでびる
  • BEDEVILLED
  • BEDEVILLED

amazon


  • 平均評点

    73.1点(61人)

  • 観たひと

    91

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 韓国
製作年 2010
公開年月日 2011/3/26
上映時間 115分
製作会社
配給 キングレコード
レイティング R-18
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット HD

スタッフ

キャスト

出演ソ・ヨンヒ キム・ボンナム
チ・ソンウォン ヘウォン
パク・チョンハク 
ファン・ミノ 

解説

ごく少数の住人だけが暮らす絶海の孤島を舞台に、長い間虐げられてきた女性の復讐劇を通して、人間の残酷さと醜さを描き出すバイオレンス映画。「サマリア」などで知られるキム・ギドクの助監督を務めてきたチャン・チョルスの長編第一作。出演は「チェイサー」のソ・ヨンヒ、「ハーモニー 心をつなぐ歌」のチ・ソンウォン。

あらすじ

ソウルの銀行に勤める独身女性ヘウォン(チ・ソンウォン)は、トラブルとストレスだらけの都会生活から逃れるように、子供の頃に暮らした思い出の島を訪れる。そこは、たった9人の住民が暮らす絶海の孤島。彼女を出迎えたのは、生まれてから一度も島から離れたことがない幼馴染みのキム・ボンナム(ソ・ヨンヒ)だった。人なつっこい笑顔でヘウォンの帰郷を喜ぶボンナムだったが、明るい表情の陰には、地獄のような苦しみに耐えてきた日々があった。昼は村の老人たちに奴隷のようにこき使われ、夜は男たちの慰み者。さらに、夫からの暴力も日常茶飯事。人としての価値も尊厳も踏みにじられながら、たったひとつの希望を胸に、地を這うように生きてきたのだった。神にすがるような思いで、自分をソウルに連れて行ってくれるよう、ヘウォンに懇願するボンナム。だが、面倒事から逃れようと島を訪れたヘウォンにとって、それはボンナムのわがままであり、彼女にとってはただ煩わしいだけだった。そんなある日、ついに取り返しのつかない悲劇がボンナムを襲う。その瞬間、この美しい島を地獄絵図に変える惨劇の幕が開いた……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年4月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ビー・デビル」