男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ほしのふるまち

  • ほしのふるまち
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.7点(19人)

  • 観たひと

    28

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011/4/2
上映時間 120分
製作会社 「ほしのふるまち」製作委員会
配給 よしもとアール・アンド・シー
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ 不明
音声 DTS
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督川野浩司 
脚本金杉弘子 
川野浩司 
原作原秀則 
製作河合隆 
大西豊 
プロデューサー須藤晃 
中林千賀子 
撮影福本淳 
美術田沼愛子 
音楽監督Tomi Yo 
主題曲/主題歌高田梢枝 
録音渡辺真司 
照明市川徳充 
編集森下博昭 
衣裳/スタイリスト小林純子 
ヘアメイク内田結子 
アソシエイト・プロデューサー小山田和浩 

キャスト

出演中村蒼 堤恒太郎
山下リオ 一ノ瀬渚
児玉絹世 栗田美奈子
KG 宮本正樹
柴田理恵 宮本千春
羽田美智子 一ノ瀬陽子
トミーズ雅 宮本良夫
笑福亭松之助 宮本益五郎
手塚理美 堤聡子

解説

「冬物語」などで知られる原秀則の同名漫画を「ギャングスタ」の川野浩司監督が実写映画化。富山県を舞台に、恋愛や将来に悩む普通の高校生たちの青春を綴る。出演は、「サビ男サビ女」の中村蒼、「ねこタクシー」の山下リオ、「私の優しくない先輩」の児玉絹世、音楽ユニット“Song Riders”のKG、「毎日かあさん」の柴田理恵、「余命1ヶ月の花嫁」の手塚理美。2011年3月26日より富山県にて先行公開。

あらすじ

東京の進学校で留年が決まった堤恒太郎(中村蒼)は、世間体を気にする母親(手塚理美)の意向で、遠い親戚が暮らす富山県の氷見ヶ丘高校に転校することになった。「俺は一生、輝くことはないんだろう」と落ち込む彼を出迎えたのは冷たい潮風と、何かと騒がしい居候先の宮本家の家族(柴田理恵、トミーズ雅、笑福亭松之助)、そして隣に住む気の強そうな同級生、一ノ瀬渚(山下リオ)だった。渚は看護師としてひとりで家計を支える母親(羽田美智子)を手伝うために、ハンドボール部を辞め、看護師になる夢も諦めかけていた。学校にも徐々に馴染み、迎えた氷見ヶ丘高校の文化祭。恒太郎と渚はクラスの出し物でプラネタリウムを作ることになった。二人きりでプラネタリウムの星空を見ながら、恒太郎は星が好きで宇宙の本に夢中だった頃の気持ちを思い出し、ある決意をする。一方、恒太郎に好意を寄せる同じクラスの生徒、栗田美奈子(児玉絹世)は、ファッション誌の編集者になるために東京への進学を目指す。そんな中、宮本家の一人息子で渚の初恋の人、正樹(KG)は、進学した東京での就職が思うようにいかず苦悩していた。恒太郎・渚・美奈子・正樹、それぞれ将来への不安を抱えながら、自分の輝ける道を模索するのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年4月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ほしのふるまち」

臨時増刊2月21日号 KINEJUN next vol.01

特集 映画×漫画 最新漫画原作映画化作品徹底ガイド:「ほしのふるまち」特集

特集 映画×漫画 最新漫画原作映画化作品徹底ガイド:「ほしのふるまち」特集 中村蒼インタビュー