男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

世界侵略:ロサンゼルス決戦

  • せかいせんりゃくろさんぜるすけっせん
  • Battle: Los Angeles
  • Battle: Los Angeles

amazon


  • 平均評点

    66.9点(561人)

  • 観たひと

    846

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    81

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2011/9/17
上映時間 116分
製作会社 Original Film
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演アーロン・エッカート マイケル・ナンツ曹長
ブリジット・モイナハン ミッシェル
ミシェル・ロドリゲス エレナ・サントス曹長
マイケル・ペーニャ ジョー・リンコン
Ne-Yo ケビン・ハリス伍長
ラモン・ロドリゲス ウィリアム・マルティネス少尉
ウィル・ロッタール 
コリー・ハードリクト 

解説

ロサンゼルスを襲撃してきたエイリアンに立ち向かう海兵隊員たちの死闘を描くSFアクション。ドキュメンタリックな戦争映画の手法やUFOの実録映像を取り入れ、リアルな地上戦を展開する。出演は、「ダークナイト」のアーロン・エッカート。監督は、「テキサス・チェーンソービギニング」のジョナサン・リーベスマン。2011年4月1日公開予定だったが東日本関東大震災の影響で公開延期。

あらすじ

1942年2月25日、アメリカ・ロサンゼルス上空。アメリカ軍のレーダーが、発光しながら編隊を組む25機の飛行物体を捕捉する。しかし約1440弾の対空砲火を行うが、1機も撃墜することができなかった。当時、その模様はラジオで中継され、アメリカ西海岸はパニック状態に陥った。現在でも、この騒動の真相は明らかになっていない。その後、1965年にはアルゼンチン・ブエノスアイレスで空飛ぶ円盤が目撃され、1983年には韓国・ソウルに未知の光る物体が出現した。1991年にはイギリス・ロンドンにもそれらが現れた。しかし、彼らの目的はまだわからなかった。そして2011年、これまで世界各地で目撃されてきたUFO事件を通して人間を観察してきたエイリアンたちは、ついに地球侵略を開始する。彼らの侵略の最初の地であり、最後の砦となったロサンゼルスを守るため、マイケル・ナンツ曹長(アーロン・エッカート)率いる海兵隊は、壮絶な市街戦を繰り広げる。

関連するキネマ旬報の記事

2011年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

2011年9月下旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」:アーロン・エッカート インタビュー こういう作品に僕は向いている

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」:作品評 SF映画ではない、純粋正統派戦争映画だ!

2011年4月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「世界侵略:ロサンゼルス決戦」