男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ランナウェイズ

  • らんなうぇいず
  • THE RUNAWAYS
  • THE RUNAWAYS

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    65.6点(122人)

  • 観たひと

    223

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2010
公開年月日 2011/3/12
上映時間 107分
製作会社 River Road Entertainment=Linson Entertainment
配給 クロックワークス
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

1970年代に人気を博したガールズバンド“ランナウェイズ”の軌跡を追った音楽映画。原作はヴォーカルのシェリー・カーリーの自伝で、リーダーだったジョーン・ジェットがエグゼクティブ・プロデューサーを担当。出演は「エクリプス/トワイライト・サーガ」のクリステン・スチュワート、「宇宙戦争」のダコタ・ファニング。

あらすじ

1975年、ロサンゼルス。音楽好きなジョーン・ジェット(クリステン・スチュワート)は、ロックをやりたいと周囲に訴え続けるが、誰からも相手にされずにいた。そんなある日、出会ったのは敏腕プロデューサー、キム・フォーリー(マイケル・シャノン)。男社会のロック界に、10代の女性だけのバンドをデビューさせれば売れると考えたキムは、ジョーンを筆頭にメンバーを集める。だが、それだけでは何かが足りない。それは、グラマラスでセクシーなヴォーカルだった。同じ頃、シェリー・カーリー(ダコタ・ファニング)は、“普通でかわいい女の子”でいる自分に違和感を持っていた。好きな音楽を共有する友達もいない。ある日、親の目を盗み、思い切り派手なファッションとメイクで出かけたクラブで、キムから声をかけられる。“君こそ求めていたヴォーカルだ”。男勝りな格好のジョーンたちに女性らしいルックスのシェリーが加わり、最強のガールズバンド“ランナウェイズ”が誕生。活動を始めた彼女たちは、男たちから差別を受けながらも着実に実力をつけ、その人気は世界中に広がっていく。だが、すべてが順調に進み始めた頃、シェリーの父親が倒れる。自分だけが自由気ままに生活しているという罪悪感と家族への愛、一方で自由になりたいという感情の板挟みで、次第に精神のバランスを崩していくシェリー。またバンド内でも、シェリーのルックスばかりが注目を浴び、色物扱いされる苛立ちと嫉妬から、軋轢が生まれてくる……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年3月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ランナウェイズ」