男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

トスカーナの贋作

  • とすかーなのがんさく
  • CERTIFIED COPY
  • CERTIFIED COPY

amazon


  • 平均評点

    67.6点(139人)

  • 観たひと

    210

  • 観たいひと

    37

  • レビューの数

    22

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 フランス イタリア
製作年 2010
公開年月日 2011/2/19
上映時間 106分
製作会社 MK2 Productions=BiBi Film=Abbas Kiarostami Productions
配給 ユーロスペース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

イタリアの小さな村で出会った男女が、長年連れ添った夫婦を演じることから始まるラブストーリー。監督は「黄桃の味」のアッバス・キアロスタミ。出演は本作でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したジュリエット・ビノシュ(「イングリッシュ・ペイシェント」)と『The Rake's Progress』のウィリアム・シメル。

あらすじ

イタリア、南トスカーナ地方の小さな村で、本物と贋作についての本を発表したジェームズ(ウィリアム・シメル)の講演が行われる。それを1人の女(ジュリエット・ビノシュ)が息子を連れて聞きに来ていた。公演の後、女が経営するギャラリーをジェームズが訪れたことから、2人は再会。“面白い場所へ連れ行ってあげる”という女の誘いに“9時までに戻るなら”という条件で、ジェームズは付き合うことにする。2人は立ち寄ったカフェで夫婦と間違われたことをきっかけに、ゲームのように、長年連れ添った夫婦を演じ始める。初めは順調に進んでいったが、些細なことをきっかけに、2人の間に微妙なずれが生じてゆく。互いに苛立ちを感じ始めた頃、老夫婦と出会い、2人を夫婦と誤解した老夫婦の夫の方がジェームズにアドバイスを送る。“君の奥さんが求めているのは、そっと肩を抱かれて歩くことだ”。空腹の2人は食事のためにレストランに入る。微妙なずれを埋めるため、魅力的な“妻”になろうと化粧直しをする女。しかし、いくつかの出来事が重なり、苛立ちが最高潮に達したジェームズは店を出ていってしまう。女は後を追うが、逆にジェームズを置いて1人で教会へ歩いていく。やや距離を置く2人。教会から出てきた女が階段に腰掛けると、ジェームズは本当の妻を労わるように静かに謝る。穏やかに夫婦の関係を築き直そうと、2人はお互いを許し、寄り添う。すると突然、女は“15年前の結婚式の夜に泊まった”と言って、近くの安ホテルを訪れる。“15年前に泊まった部屋”に通された女は、すでに“夫婦”の関係をゲームに留められなくなっていた。戸惑うジェームズは、自分が幻想を求めているのかどうかを見定めるように、洗面台の鏡に映った“夫”を演じる自分を見つめる。“言ったはずだ。9時までに戻ると”教会の鐘が、街中にその音色を響かせ、夕暮れを告げていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年3月上旬号

監督スペシャルインタビュー 3本立て:(2)アッバス・キアロスタミ監督(「トスカーナの贋作」)

UPCOMING 新作紹介:「トスカーナの贋作」